おすわりねこ
646.jpg
パステル画です。
ミャオちゃん、お座りして
春の訪れを感じているようです。

P3240044.jpg
「えむあーるあいだわしゃ♪」
P3240045.jpg
「いししししし~♪」
P3240043.jpg
「ぬいぐるみドックしゅうりょうだわしゃ♪」
後ろから見た電動血圧計でした。

P4010048.jpg
下の階のおばあちゃんがちらし寿司を作ってくれました。
「具はないけど、おすし食べるかい?」
いつもそんな風に電話をくれて、ぼくは仕事の帰りに顔を出します。
具は家にあるもので作ってのせました。
おばあちゃんに写真を見せたら、にこにこしてくれました。
おいしかったです。
P4030086.jpg
先日、そのおばあちゃんが検査入院をしました。
特に悪いところはなかったと、笑顔で帰って来てくれるように祈ってます。
その間、ももちゃんはひとりぼっち。
寂しくてつまらなくて、初日はごはんもあまり食べていませんでした。
「おばあちゃん、いないの…。」
生まれて初めてのお留守番。いっしょうけんめい頑張ってます。
P4030090.jpg
「あ、いつものへんなにいちゃんきた~。にゃ~~~~~~~。」
毎日ごはんとお水を用意してあげて、少し落ち着いて来たのか
ぼくの手を舐めてくれたり、おなかを見せて
なでさせてくれるほど、なかよしになりました。
今日はあいにくの雨で冷えています。
ももちゃん以外誰も居ない部屋で暖房を点けるわけにはいかなくて
少し心配していたら、ぼくの部屋に
シマ子に使ってもらっていた使い捨てカイロが残っていました。
P1150018_201404040032085c4.jpg
「ももこ、これ使うとほんま、ぬくいんやで。」
シマ子がももちゃんを守ってくれている。
そんな風に感じて、うれし涙が出ました。
シマ子、ありがとう。だいじに使うね。
にしても、すごい風格の顔してるなあ享年25歳。
P4030096.jpg
おばあちゃんがいない寂しさを完全に取り去ることはできないけれど
せめて、ごはんで楽しくなってもらうために
一回食べきりのウェットタイプのねこごはんを食べてもらいました。
「なにこれ、うまいよ!なにこれ、うまいよ!」
すごくよろこんでくれて、食欲が戻ってきて
ドライフードも食べてくれました。
さあ、ももちゃん。明日もいっしょにがんばろうね。

P3140057.jpg
3年前の3月11日、ぼくはここであの時を迎えていました。
あの時の花が今年も咲きました。
たくさんの悲しみがありましたが、がんばってる姿も見られます。
P3140066.jpg
その木のそばに、まだ幼い子がいました。
「む、ふしんしゃはっけん。」
P3140070.jpg
「おまわりさ~ん、ちかんですよ~。」
お家に帰っていきました。
P3140083.jpg
その先には、きょうだいねこちゃんがいました。
P3140078.jpg
「あ、こっちにきた。つうほうしなくっちゃ!」
しないでね、お願いだから。
P3030017.jpg
こっちは何かお話し中。
「なあ、おひるなにたべる?」
「かるくそばやさんで…っておもうけど、ついついたのみすぎちゃうんだよね。」
P3030019.jpg
「あ、ふしんしゃはっけん!」「あ、ふしんしゃはっけん!」
そんな、二人してきれいに振り向かなくても。
P3030021.jpg
移動しながらもこっちを確認。
「つうほうしました!」「つうほうしました!」
P3100001.jpg
すずめの学校、課外授業中。
「はい、みんないちれつにならんで~。」
P3100010.jpg
「お~い、はやくこっちおいでよ~。」
「ふぃ~、ちかるた。」
この中に、前に記事にしたあの子がいるのかもしれません。
みんなおりこうさんね。
P3280031.jpg
植物たちも頑張っています。
P3290040.jpg
記録的な雪の日もありましたが、みんな元気。
P3290042.jpg
色とりどりな草花が春の訪れを知らせてくれています。
P3300001.jpg
その姿から、ぼくも元気をもらっています。
P3310018.jpg
いよいよ桜の登場、というところで3月のまとめでした。ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~



おまけ
P3310012.jpg
キティちゃん、大胆ビキニ!?
「エプロンだよ~。」
そうだったのか。でも裸エプロン?
2014/04/04 01:23 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑top
| るんたった! |