ぶるぶるぶるっ
659.jpg
パステル画です。
ごはんを食べてご満悦のミャオちゃん。
ぶるぶるぶるっと頭を振っています。

PA060020.jpg
母作、メンチカツです。
その脇のポテトサラダも母作。
お店で売っているようなぺしゃんこなのではなく
ガッツリふっくらなのが頼もしくて、おいしかったです。
PA110033.jpg
伝説の熱血料理漫画、中華一番!に登場した
「四川風エビトマトソースあんかけ炒飯」を作りました。
作り方は各自原作本をご覧ください。
お店の物や買ってきた物よりも甘くないエビチリを作るとチャーハンに非常に合います。
これも、おいしかったです。

PA010227.jpg
シマ子リバイバル。
シマ子は2013年11月12日に亡くなりました。
その年の7月7日に熱中症で倒れ、そのまま我が家に住むことになりました。
25年の人生の中で初めての家ねこ生活4か月間。
シマ子に満足してもらえたかは分からないのですが
ぼくは、とても幸せな時間をもらえました。
シマ子、ありがとう。
PA010228.jpg
シマ子と同じ顔のこれは、使い捨てカイロ入れ。
シマちゃん、どう?あったかい?
「ん、ぬきぃ。サンキュな。」
PA010232.jpg
家に来てからは、ほとんど寝て過ごしていました。
おかげでさわり放題。いししししし。
「なんしとんねん。」
PA010245.jpg
安眠の手助けにまたたび粉を。
「眠たい。」
PA010246.jpg
寝ちゃいました。
おやすみ、シマ子。
シマ子は、この日もおりこうさんでした。

PA070011.jpg
ももちゃん劇場。
裏返しももこ。
PA070012.jpg
起き上がる。
PA070013.jpg
でも、もう目は眠そう。
PA070014.jpg
なので、自由に腹撫でできます。
PA090016.jpg
洗濯機の上に佇むももこ。
PA090017.jpg
家の前の飲み屋街に入って行こうとするももこ。
PA090018.jpg
「どれ、いっぱいやってくか!」
PA090019.jpg
おばあちゃんにお刺身をもらうももこ。
PA090020.jpg
「うみゃいうみゃい。」

[広告] VPS


PA120036_20151025104925aae.jpg
人間のように枕を使うももこ。
PA120038.jpg
「ふぁああああ~あ。」
PA120039.jpg
寝ちゃいました。
PA130004.jpg
おばあちゃんの服の上に立つももこ。
PA130005.jpg
「すわっちゃおっと。」
PA130009.jpg
あ~あ、服が毛だらけ。
PA190039.jpg
タンスの上で寝るももこ。
PA190040.jpg
また眠い目。
PA190041.jpg
「あ、おじちゃんじゃないか。」
PA190044.jpg
「眠たい。」
PA190045.jpg
こんな高い所に自力で登る元気なももこ。
PA190046.jpg
ごろん。
PA190047.jpg
たまにはかわいい顔。
PA190048.jpg
ほれ、寝れ~。なでなで。
PA190050.jpg
「おやちゅみなのら。」
ももこもおりこうさんでした。

PA260023.jpg
ミャオ散歩。
「おいなりさんで~す。」
PA260026.jpg
ミャオちゃんと暮らした建物です。
昔は金網フェンスではなくブロック塀で
夕方になるとミャオちゃんは、そこに座って待っていてくれました。
「パパ、おかえり~。」
PA260027.jpg
残念ながらミャオちゃんの生れた家は駐車場になっていました。
「ぼくもいえをでるとき、えんちょうりょうきんはらったっけ?」
PA260028.jpg
1994年、この公園の前で目やにだらけで目の開かなくなっていた子ねこたちを保護しました。
そのうちの一匹がミャオちゃんでした。
初めて行った動物病院で診てもらい、怪我や病気でないことは確認できましたが
まだ母ねこと一緒でないと大きく育てない可能性も考えられました。
「な~んも、おぼえてないよ~。」
PA260030.jpg
当時、この公園には数匹のねこが住んでいました。
もちろん全員となかよしでしたが、その中には母ねこはいないようでした。
数日、この公園に連れて来て母ねこが来ないか待っていると
うちの子です、母ねこも寂しがっていますと言う飼い主さんに会えました。
その時に座っていた椅子とテーブルが、これです。
「いい~いすですね~。」
PA260031.jpg
そうしてミャオちゃんたちは生まれた家に帰りました。
数年後、ぼくの部屋に一匹のねこが転がり込んできました。
それがミャオちゃんです。
ミャオちゃんが、あの時のねこだというのは何年も後になって気が付きました。
「テーブルもすわりごこちまんてんだ。う~ん、わかりました。」←渡辺篤史の建もの探訪
PA260035.jpg
ミャオちゃんの面白い話。
会社に行くため、早朝に家を出ると
一度だけ、ミャオンミャオン鳴きながら後をついてきたことがありました。
このゴミ置き場がテリトリーの端っこらしく
ここで停まって、ずっと見送ってくれていました。
「そんな、むかしのことはわしゅれたじぇ~。」
PA260033.jpg
仕事が終わって急いで帰ると、何事も無く待っていてくれました。
そのシーンを再現。
「パパ~、カンバ~~~~~~ック!」
以上、ミャオ散歩でした。
「でした!」

PA030022.jpg
閉鎖された駐車場にねこ。
PA030024.jpg
「だれもこないから、たのし~。」
PA100002.jpg
寄り目ちゃん。
PA150004_201510251059544f2.jpg
わんこ。
PA120014.jpg
霊園のねこ、ぱんちゃん。
良く見るとべろが出ています。
PA120015.jpg
この日は撫でたりお尻をとんとんしたり
遊ぶのに忙しくて写真が少ないのです。
また来月来るね。
PA120017.jpg
物陰からねこ。
PA210025.jpg
この子は耳の下に大けがをしていた子。
すっかり元気になりました。
よく頑張ったね、おりこうさんでした。
PA220034.jpg
車の下にねこ。
PA230049.jpg
塀の上にねこ。
PA230054.jpg
「しらないおじちゃん、ばいばい。」
PA230044.jpg
兄弟ねこ。
PA230043.jpg
「あにみてんだお~。」「あにみてんだお~。」
PA240001.jpg
ここの塀の上にもねこ。
PA240004.jpg
いつもの高齢ねこちゃん。
PA240005.jpg
「ん?だれ?」
PA240006.jpg
「いつものおっちゃんか。」
PA240007.jpg
「ねむたい。」
PA240008.jpg
「もうあかん。」
もうすぐ寒さがやって来るだろうけど、みんなおりこうさんです。

PA010004_2015102511050260f.jpg

PA010005.jpg

PA030004.jpg

PA030008.jpg

PA030027.jpg

PA050004.jpg

PA060015.jpg

PA060017.jpg

PA070006.jpg

PA070003.jpg

PA070009.jpg

PA080027.jpg

PA090003_20151025110808704.jpg

PA090007.jpg

PA090010.jpg

PA090015.jpg

PA120001.jpg

PA120002.jpg

PA120005.jpg

PA120011.jpg

PA120013.jpg

PA120018.jpg

PA120020.jpg

PA120021.jpg

PA120022.jpg

PA120025.jpg

PA120026.jpg

PA120027.jpg

PA120028.jpg

PA120029.jpg

[広告] VPS


PA120031.jpg

PA120032.jpg

PA170023.jpg

PA170024.jpg

PA170031.jpg

PA210017.jpg

PA210006_20151025111723ced.jpg

PA210015.jpg

PA210016.jpg

PA210019.jpg

PA220031.jpg

PA220032.jpg

PA270007.jpg

PA270009.jpg

PA120033.jpg
花びら一枚取れたけど元気。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~


ぶるぶるぶるっの続きを読む
2015/11/01 00:00 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(10) | トラックバック(0) | ↑top
| るんたった! |