タッキーくん。
タッキーくん
パステル画です。
いつもお世話になっている装衣ng (koeda)さんのおうちのタッキーくん。
5月に旅立ちの時を迎えましたが、その愛おしさを絵にしました。

P9010684.jpg
実家に帰りました。
母と二人でステーキ宮。
P9010685.jpg
ぼくはこれ。
P9010686.jpg
熱く焼いた石にのせれば熱々が食べられる。
P9010687.jpg
母も完食。
P9020695.jpg
ねこのひたい農場と農場主。
P9020696.jpg
収穫物。
P9020714.jpg
ばらまいた銀杏から、いちょうの木が育ちました。
P9020694.jpg
母お手製のお弁当。
明太子のおにぎりと野菜てんぷら。
おいしかったです。
P9131180.jpg
関東に戻ってから、ぼくのリクエストで作って送ってくれたマドレーヌ。
子供のころ作ってもらった想い出の味。
何十年ぶりに作った、と言いながら変わらぬ味。
市販のもののようなスカスカでなくどっしりした食感。
これもおいしかったです。
P9191314.jpg
母作、厚揚げ回鍋肉。
豚肉の代わりに厚揚げを使っているのに豚肉入り。
それも母の優しさ。
おいしかったです。
P9191313.jpg
母作、牛肉とごぼうのしぐれ煮。
ごはんにのせて丼風。
どれもおいしかったです。
お母さん、ありがとう。

P8280560.jpg
ももちゃん劇場。
旅行の間、ももこは掛かり付けの動物病院さんに
ペットホテルで預ける事にしました。
P9010644.jpg
何も知らないももこさん。
P9010646.jpg
ハーネス装着。
P9010648.jpg
宿泊時に食事をしない恐れがあるので
いつもと違う時間でも食事とおやつをあげてから出発しました。
案の定、初日は飲まず食わずだったそうですが
深夜に食べたり出したりして、日が経つにつれて徐々に慣れたそうです。
その間、悶々として電話報告を待つぼくと、それを励ます母。
ももちゃんもよく頑張りました。
P9111113.jpg
帰ってきたももこ。
怒ったり、ペットホテルに慣れ過ぎて家を忘れていないか
多少不安でしたが、普段通り、いや普段以上に甘えっ子でほっとしました。
トイレやお風呂で少しでも傍を離れると鳴いて呼ぶほど。
「さわれ~さわれ~」と催促。
P9121123.jpg
すごい形相で安眠。
P9121155.jpg
しっぽもぶんぶん。
P9141214.jpg
大変無防備。
P9181276.jpg
急に暑くなった日、ぎりぎり日陰。
P9161262.jpg
かと思うと夜は涼しいので毛布に顔を埋め寝。
P9171266.jpg
「だれにもわたさん!」
P9191317.jpg
すごい顔でおやつ。
P9191321.jpg
これでもよろこんでます。
P9201342.jpg
さあ、毛づくろいしましょう。
今日もももこはおりこうさんでした。

P7188544.jpg
7月18日、ぼくはあるねこと出逢いました。
痩せて、うみだらけ、かさぶただらけのねこ。
ある企業の敷地に住み着いた野良ねこでした。
その汚さから誰も触らず、かかわらず
P7188535.jpg
こんな姿になっても、彼は生きていました。
何度か試してみましたが、人間を信用していないようで
捕獲して動物病院に連れて行くことはできませんでした。
そこで、たくさん写真を撮って先生に見てもらいました。
P7198668.jpg
診断結果は疥癬(かいせん)。
疥癬は、ヒゼンダニ(疥癬虫)と呼ばれるダニが
皮膚表面の角質層に寄生して起こる感染症です。
痒くて痛くて身体中をかきむしり傷だらけです。
放っておいて治る病気ではありませんでした。
P7198672.jpg
処方してもらった薬と傷の治りを促す抗生物質を
ごはんに入れて与えてみました。
おなかが空いているはずなのに食べません。
おそらく、痛みが邪魔して食べられないのです。
P7208748.jpg
でも、口を付けようとする仕種を繰り返すので
身体にお皿が触れる部分が少なくなるかなと
お皿を平たいものに変えてみました。
P7208753.jpg
やっと食べ始めてくれました。
この子は生きようとしていたんです。
P7208743.jpg
この子の名前はモジャ。
もじゃもじゃの長い毛が特徴のオトコノコでした。
でも痛々しい傷やかさぶたの方が目立ちます。
毛もほとんど抜けて、モジャという名前とかけ離れていました。
ぼくは、この姿でも強く生きているモジャを愛おしいと思いました。
P7208769.jpg
だいぶ慣れてきて毛づくろいをさせてくれるようになりました。
毛が生えていない所が多いけれど。
ただ、残っている毛はほわほわで元気になってきているのが感じられました。
P7208774.jpg
毎日通って、だいぶなかよくなれました。
このままでは傷の治りや新しい毛の育ちに支障があるので
古いかさぶたを一つずつゆっくり剥がすことにしました。
P7259044.jpg
かさぶたが取れて快適そうなモジャ。
P7289195.jpg
くつろぐモジャ。
でも、まるで餓鬼のよう。
これではまだかわいがってもらえません。
P8049424.jpg
その敷地の企業さんには他にも何匹か野良ねこが居ついているので
ごはんをもらえることになりました。
ただ、他のねこたちは病気のモジャを避けているようでした。
本能で感染する恐れを感じ取るのでしょう。
P7319313.jpg
すっかりなかよし。
P8190059.jpg
だいぶ良くなってきた頃、なかよくしてくれるねこができました。
P8190060.jpg
もともと兄弟なのかもしれないですが
彼が孤独ではなくなってほっとしました。
P8220332.jpg
「なでれ~。」
P8029378.jpg
足に乗るモジャ。
P8079552.jpg
だいぶ表情が変わってきました。
ねこは疥癬(かいせん)になると、出会った頃のような顔になると
お医者さんに教えてもらいました。
この穏やかな愛らしい顔が本当のモジャの顔なのです。
P8079558.jpg
「えへへへへへへ~♪」
P9141192.jpg
すっかり元気になって毛も段差なく生えてきました。
元気になってきれいになったモジャは
今では、そこの企業の皆さんに可愛がってもらえるようになりました。
P9141205.jpg
たくさんの人に愛されるモジャの姿。
ぼくが望んだのは、それでした。
元気になったモジャは、最近ではお出かけすることが多く
なかなか会えなくなりました。
ただ、久し振りに会うと憶えてくれているらしくなでさせてくれます。
モジャ、本当によくがんばったね。おりこうさんでした。

P8270504.jpg

P8270505.jpg

P8270512.jpg

P8270511.jpg

P8290579.jpg

P9010661.jpg

P9010675.jpg

P9010676.jpg

P9010674.jpg

P8290580.jpg

P9020713.jpg

P9020698.jpg

P9020705.jpg

P9020735.jpg

P9030792.jpg

P9020728.jpg

P9050864.jpg

P9090961.jpg

P9090943.jpg

P9050855.jpg

P9090979.jpg

P9090965.jpg

P9111094.jpg

P9111096.jpg

P9121144.jpg

P9121145.jpg

P9121146.jpg

P9121152.jpg

P9141208.jpg

P9121136.jpg

P9151228.jpg

P9121126.jpg

P9151227.jpg

P9181297.jpg

P9181299.jpg

P9191311.jpg

P9191309.jpg
暑さも終わり、おつかれさまでした。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

P8300590.jpg
なかよし兄弟、クロ太とトラ次郎。
P8300587.jpg
ある朝、トラだけがいた日に
「クロ太お兄ちゃんは?どこか行ったの?」
と声をかけたら、辺りを見回すトラ。
そしてなんと、クロ太を呼んで連れてきました。
P8300588.jpg
連れられてきたクロ太。
二人はとってもなかよしです。
P9131170.jpg
歩くクロ太。
P9151221.jpg
なでられ坊主。
P9131171.jpg
車の下のクロ太。
P9201330.jpg
なでられ坊主パート2。
P9121132.jpg
これは珍しい、熟睡するクロ太。
P9201333.jpg
「これ、あげるよ。」
P9201334.jpg
葉っぱ通貨、いただいちゃいました。
P9201323.jpg
「にいちゃん、すき~。」
「おれも~。」
P9201324.jpg
二人とも、とってもおりこうさんでした。

P9020741.jpg

P9030777.jpg

P9030776.jpg

P9030778.jpg

P9030775.jpg

P9030821.jpg

P9030826.jpg

P9040848.jpg

P9060887.jpg

P9080927.jpg

P9040843.jpg

P9050874.jpg

P9060890.jpg

P9070909.jpg

P9080936.jpg

P9091012.jpg

P9091018.jpg

P9090960.jpg

P9091011.jpg

P9091008.jpg

P9101036.jpg

P9101043.jpg

P9101047.jpg

P9101056.jpg

P9101059.jpg

P9101044.jpg

P9091022.jpg

P9101035.jpg

P9101064.jpg

P9111075.jpg

P9111091.jpg
2017/10/01 00:00 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑top
| るんたった! | ミャオちゃん、たつ。>>
コメント
こんばんは~♪(*´▽`*)ノ
タッキーちゃん、とっても優しいお顔。
たくさんの愛情たっぷり頂いて、
素敵なにゃん生を生きられたのですね♪・*:.。. (ノ´ω`・。)・*:.。.

ももちゃん、お留守番お疲れ様でした;;
大好きなパパもいないし、
場所が変わると不安になるものね。
でもお元気そうで何よりでした♪(=´∇`=)
そして、もじゃー!(T▽T)
疥癬はホント大変な皮膚病ですね!><
よくぞ頑張りました!
そして根気強く看病された恋二郎さん、
やっぱりすごいや!尊敬します(T▽T)

余談だけど、昔職場で子猫からうっかり真菌に感染しました。
すっごい痒くて痒くて!夜も寝られない程でした><
ワンちゃんやねこちゃんの気持ちを、
身を持って体感することになりました(T▽T)(笑)
痛いのも辛いけど、痒いのも相当辛いよね(T▽T)
2017/10/01 22:41 | URL | りえりん♪ #- [ 内容変更] |
りえりん♪様へ
こんにちは(*^_^*)
タッキーくん、とっても愛らしい子でした。
たまにするいたずらも可愛くて
プリンターから出てくる紙をちょいちょいがお気に入りです。
皆さんに見てもらえてうれしいです。
ももこもよく頑張ってくれました。
帰ってきても変わらない態度がうれしかったです。
モジャはすっかり元気になって
最近はもうず~っと会えていませんがそれでいいんですよね。
また同じ症状の子を見付けてしまって、今はその子の治療観察中です。
真菌も辛いのですよね。
それを知っているからこその桜子ちゃんへの愛情。
りえりん♪さんに愛されて桜子ちゃんはほんとしあわせさんですね。
2017/10/02 11:58 | URL | まゆげ恋二郎 #- [ 内容変更] |

まゆげさーん、本当にありがとうございます。
可愛く描いてくださり、でも本当に可愛いタッキーです。(ねこバカと言われてもうれしいです。)
 いつもながらお料理上手なお母様のごちそうは良いですね。
ねこちゃんは環境が変わるとご飯もトイレもしなくなります。
ももちゃん心配でしたね。元に戻って良かったです。
モジャくん、まゆげさんの優しさで少しずつでも回復に向かっているようですね。
「いらないねこ」ちょっと気になっている絵本です。
2017/10/15 10:10 | URL | 装衣ng(koeda) #ifS4lTEk [ 内容変更] |
koeda様へ
よろこんでもらえてうれしいです(*^_^*)
家族をだいじに想うのは、ぼくもいっしょです。
ねこバカ万歳!
一時、母は具合が悪く
自分で食べるのも作るのもできなくなっていましたが
めげずに自力で元気になってくれました。
その後の料理なので余計においしく感じました。
ももこもしっかりがんばりました。
今は毛布にくるまって寝ていますよ。
敷地の方によるとモジャはたまに帰ってきて
元気にごはんを食べていくそうです。
ねこってすごいですよね。
「いらないねこ」はとても素敵な本です。
しっかり生きる命のお話です。
機械があればぜひ。
2017/10/15 12:37 | URL | まゆげ恋二郎 #- [ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
↑top
| るんたった! |