ふくちゃん
ふくちゃん
パステル画です。
しまねこさんのお宅のふくちゃんを描きました。
とら模様は難しく、今でも慣れませんが
ふくちゃんらしいびっくりしたようなお目目はよく描けたかなあと。
ふくちゃん、モデルさんになってくれてありがとうね。

P8020054.jpg
お暑うございます。
この暑さを乗り切るのに最適なのは
母作、さんまの南蛮漬けです。
冷やして食べると、身体も冷やしてくれます。
が、母は暑い中、汗をかきながら揚げ物をしてくれているはずです。
お母さん、ありがとう。おいしかったです。
P8150015.jpg
母作、肉味噌です。
家の敷地に自生する元気なシソを使ってくれています。
青唐辛子が食欲を増進してくれます。
おいしかったです。
P8160010.jpg
母作、焼き茄子です。
冷やして食べると、身体も冷やしてくれます。
が、母は暑い中、汗をかきながら茄子を焼いてくれているはずです。
お母さん、ありがとう。おいしかったです。あ、さっきと同じ文章。
P8100039.jpg
子供のころ食べていたおばけせんべいを母が見つけて送ってくれました。
淡い味付けで、つい手が出てしまいます。
おいしかったです。
P8100040.jpg
家にあるものだけでイタリアンを作ろう!
と思うと、まあパスタになりますが
豚ばら肉とオクラのペペロンチーノです。
にんにくと唐辛子をたっぷり効かせています。
おいしかったです。
P8190010_20160821172153d92.jpg
天然鰤が安く手に入ったので鰤丼にしてみました。
少しだけてんさい糖を入れた醤油を絡めています。
おいしかったです。

P8010023_20160821172601010.jpg
ぐり~~~っ。
シマ子リバイバル。
いのちの年輪を重ねて、かなり個性的な顔をしているシマ子でしたが
ぼくには、こんな風に甘えてくる子でした。
P8010024.jpg
顎の浦親方。
P8010026.jpg
「あ~~~~~、かいかい。」
P8010051_20160821172604e22.jpg
影と日の当たっている部分の光量の差が激しく
この日が暑かったことを伝えてくれています。
そんな日は車の下で涼をとっていました。
P8010032.jpg
水分補給のため、普段の食事処以外にも
色々なところに水を用意しておきました。
シマ子も自分から水分補給に努めてくれました。
[広告] VPS


P8010056.jpg
また涼む。
P8010063.jpg
また飲む。
P8010058.jpg
また涼む、を繰り返して夏を乗り切ってくれていました。
シマ子はこの日もおりこうさんでした。

P8060043.jpg
「げへへへへへぇ~!このちゅーちゅーはおれしゃまのものだじぇ!」
ももちゃん劇場。
おばあちゃんにCIAOボーノスープをもらって邪悪な顔でご満悦なももこ。
P8030110.jpg
おすましももこ。
P8020029_20160821173858ba8.jpg
べろっとももこ。
P8060040.jpg
「げへへへへへぇ~!このベッドはおれしゃまのものだじぇ!」
おばあちゃんの介護ベッドを独り占めするももこ。
P8090033.jpg
「ふあ~~~~~ぁあ。」
P8090034_2016082117400472d.jpg
ごろんとして構ってくれとアピールするももこ。
P8110045.jpg
帰りが遅い、早くごはんを出してくれと目で訴えるももこ。
P8110049.jpg
でも、その前に撫でてくれと訴えるももこ。
P8110050.jpg
銘柄はいいから早くお皿にごはんを出してくれと訴えるももこ。
P8120025.jpg
おばあちゃんのカートに乗って外の空気を感じているももこ。
[広告] VPS

P8120028.jpg
「おしょとだいしゅき!」
P8140036_2016082117411174e.jpg
ねこじゃらしで遊ぶももちゃん。
P8140041.jpg
「ぐひひひひ~。やっとちゅかまえたのら。
 さて、どうしてくれようか。」
P8140042.jpg
テーブルの柱の影からロックオン。
P8140043.jpg
「おっりゃああああ~!」
しっかり食べて、しっかり遊んで、今日もももこはおりこうさんでした。

P8020035.jpg
気高く毛深い魂、略してけだま。
診療中ということは、この子は患者さん?
P8020038.jpg
それとも、この子自身がお医者さん?
P8020040.jpg
ここはシマ子が少しの間だけお世話になった病院です。
看板ねこちゃんらしいです。
P8030085.jpg
とら親子。
P8030087.jpg
いつもなかよし。
P8030090.jpg
トラ次郎。
P8030092.jpg
なんちゅう所に乗っているのやら。
P8030093.jpg
目やにが多いのでメヤ男。
P8030094.jpg
おまんじゅうコレクション・大。
P8030097.jpg
おまんじゅうコレクション・小。
P8060022.jpg
暑い夏を乗り切って大きくなろうね。
P8040135.jpg
ももちゃんのライバル。
P8040136.jpg
蝶ネクタイ。
P8050238.jpg
「なんかようか?」
P8050240_201608211751211ec.jpg
ももちゃんを追い掛け回さないでね。お願いします。
P8080008.jpg
いつも二人でいたねこ。
P8160006_20160821175124632.jpg
最近独りで鳴いています。
P8200030.jpg
なかよし兄弟を探しているのかな。
P8200038.jpg
と思ったら、違う路地から眺めたらちゃんと相棒がいました。
このトタン屋根の向こうに、もう一人が座っています。
P8200041.jpg
暑いからぺったり寄り添うのは苦手だけれど
二人はいつもそばにいるなかよしさんでした。
P8110007.jpg
子育ての終わった母ねこさん。
自由を満喫しています。
P8110017_20160821175305cbc.jpg
霊園の受付嬢、クロシロちゃん。
暑いので日陰でまったり。
P8110019.jpg
涼しくなったら、また遊ぼうね。
P8110020.jpg
同じく霊園の管理人、パンちゃん。
クロシロちゃんとは折り合いが悪いのか、テリトリーの外で待機。
P8110021.jpg
「あっちいこうじぇ!」
P8110023_2016082117532236a.jpg
やっぱり日陰を選ぶおりこうさんです。

P8010001_201608211754305eb.jpg

P8010004_20160821175447fb0.jpg

P8020009.jpg

P8020007_20160821175441efa.jpg

P8020006_20160821175447204.jpg

P8020011_201608211755554a8.jpg

P8040141.jpg

P8030067.jpg

P8040139.jpg

[広告] VPS

[広告] VPS


P8050241.jpg

P8050242.jpg

P8050247.jpg

P8050245.jpg

P8050250.jpg

P8050252.jpg

P8050268.jpg

P8050271.jpg

P8050272.jpg

P8050273.jpg

P8050274.jpg

P8050275.jpg

P8050276.jpg

P8020002_20160821175923c11.jpg

P8040146.jpg

P8040150.jpg

P8040151_20160821175931a92.jpg

P8040154.jpg

P8070013.jpg

P8060001_201608211801130c4.jpg

P8040221.jpg

P8040158.jpg

P8060007.jpg

P8090019_20160821180207b0d.jpg

P8100003.jpg

P8110001_201608211802172d3.jpg

P8090025.jpg

P8100038.jpg

P8120008_20160821180351585.jpg

P8110033_20160821180352882.jpg

P8110028.jpg

P8120007_2016082118035918a.jpg

P8130006_201608211804004ce.jpg

P8180002_20160821180505d26.jpg

P8130017.jpg

[広告] VPS

P8130024.jpg

P8190007_20160821180510786.jpg

P8190002_201608211805118d6.jpg

P8200011_20160821180549898.jpg

P8200016_20160821180548cfd.jpg
強い雨に打ち据えられても頑張っています。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

ふくちゃんの続きを読む
2016/09/01 00:00 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(10) | トラックバック(0) | ↑top
じょがいしょうじぞうにゃんこ と にっこうじぞうにゃんこ
nekobotokerokujizou03.jpg
パステル画です。
子ねこたちに除蓋障地蔵様と日光地蔵様に扮してもらいました。
nekobotokerokujizou.jpg
6人のネコボトケ地蔵菩薩が揃ったので並んでもらいました。
本当は6人並んだ絵を描きたかったのですが
スキャナーがA4ぐらいのサイズなので一枚に6人を収めると
それぞれが小さく、粗くなると思ったので
2人ずつ3枚で仕上げ、パソコン上で一枚にまとめました。

P7150019_20160724164616de5.jpg
母作、メンチカツです。
千切りキャベツを用意するだけで楽しめるよろこび。
おいしかったです。お母さんありがとう。
P7170107.jpg
自分で作ったエビチャーハンです。
大きな海老ではなくアミエビを使い、味と香りを出しました。
卵とピーマンとネギも入っています。
おいしかったです。
P7300034.jpg
鯛めしを作ろうと思ったのですが初めての試みだったので
まずは鯵の干物で鯵めしにしてみました。
鯵の干物は焼き目が付くまで焼いて
昆布を一片と醤油を少々といっしょに良いだお米の上にのせて炊きました。
P7300035.jpg
炊き上がったら鯵を取り出して骨を外して身をほぐし
ごはんと混ぜて完成です。
P7300037.jpg
鯵の味がしっかりごはんに沁みていました。
P7310038.jpg
多めに炊いたのでおにぎりも作りました。
冷めてもおいしい鯵の力。
おいしかったです。
P7310041.jpg
鯛でもやってみました。
P7310043.jpg
鯛めし。
おいしかったです。
P7080039.jpg
「さくらんぼさん、い~ち。さくらんぼさん、に~。」
友達からさくらんぼをお中元でもらいました。
きれいな佐藤錦。おいしかったです。ありがとう。

P7050001_20160724173026fd4.jpg
シマ子リバイバル。
暑い日でしたが、23歳だったシマ子は頑張ってました。
P7050003.jpg
しまねこさんから頂いたまたたびキッカーを枕にしたり。
P7050006.jpg
エマニエルベッドから上半身だけ出して、くさし食い。
くさしとは、福島の方言で怠け者のことですが
これは余分な体力を使わない超高齢ねこの知恵だったんでしょうね。
P7050008_20160724173024a11.jpg
あご載せ寝。
P7050009_20160724173008ce5.jpg
どアップ。
P7050011.jpg
決して可愛らしいとは言い難いけど愛おしい寝顔。
P7050015_201607241730546f5.jpg
虫干しが終わったマットの感触を確かめるシマ子。
P7050017.jpg
何故か、このまま動かず。かわいい。
P7050018.jpg
また寝ちゃいました。
この日もシマ子はおりこうさんでした。

P7050042.jpg
ももちゃん劇場。
「ふがー!!」
P7050027_20160724175557a60.jpg
しまねこさんからももこへと頂きものをしました。
またたびキッカー、またたび入りのねこ用おもちゃです。
自生している元気なまたたびを、しまねこさん自らが採取して
ご自身で裁縫されたキッカーに詰めて送ってくれました。
P7050028_2016072417560155e.jpg
ミャオちゃんみたいな模様の子。
P7050029_20160724175604953.jpg
シマ子みたいな模様の子。
P7050030_20160724175605ffa.jpg
しっぽも付いています。
P7050031_20160724175726091.jpg
さっそくももちゃんに与えてみましょう。
P7050033.jpg
「うぉー!(バキバキ)」
またたびの枝も入っているので噛み付くと音が鳴ります。
P7050035.jpg
がぶっ!!
P7050037.jpg
「べろべろべろべろっ!」
P7050039.jpg
手でぎゅっとしてる、かわいい…。
P7050040.jpg
「うぉおおおおお!」
かわいいとか言ってる場合じゃなかった。
手で捕獲し、噛みながら足蹴り。獰猛過ぎる。
P7050041.jpg
「げへへへへへ~。」
P7050043.jpg
高速すりすり。
P7050055.jpg
すり~。
[広告] VPS

P7250050.jpg
別な日。
P7250052.jpg
上から乗って逃げないように押さえ込んでいます、逃げないのにね。
P7250051.jpg
「うひひひひひひひ~。」
P7050047.jpg
「これいいっ!」
ももこも大変気に入ってくれました。
しまねこさん、本当にありがとうございました。
P7180089.jpg
二階衛星ベランダが捉えた衛星写真。
P7180090.jpg
使っていない洗濯機の上に何かが。
P7180094.jpg
ももちゃんでした。
P7180096.jpg
だらっと+リラックス=ダラックス→堕落す。
P7180097.jpg
不満顔。
P7180098.jpg
ごろん。
P7180099.jpg
なでなで。
P7180101.jpg
「ごはんくだしゃい。」
そっか、おなか減ったのね。
P7180111.jpg
おばあちゃんにだっこされるももこ。
P7270108.jpg
「あしなめちゃおっと。」
P7220164.jpg
屋根の上のももこ。
今日もももこはおりこうさんでした。

P7010002.jpg
気高く毛深い魂、略してけだま。
早朝の路上にねこ。
P7010003.jpg
実を低くして警戒中。
P7010008.jpg
とっても賢そう。
P7010009_20160724192157455.jpg
ねこいっぱい。
P7010012_201607241921550b6.jpg
「おかあさんだいすきー!」
P7010014_20160724193045014.jpg
お母さんねこは草が食べたいらしい。
P7010019.jpg
お母さんねこ。
P7010018.jpg
子ねこたち。
P7010024_201607241930517a9.jpg
誰か来た!
P7010028_20160724193056855.jpg
さっきのねこでした。
P7010026_20160724193136e14.jpg
最後はみんなで正面を向いて、家族写真。
P7090010_20160724193827040.jpg
白黒ハチワレくん。
P7090011_20160724193830fa2.jpg
おや?
P7090014.jpg
やっぱり二人いました。なかよし。
P7100017_201607241940471ec.jpg
ホース巻き取り器の上にねこ。
P7100019.jpg
霊園の受付嬢、クロシロちゃんでした。
P7100024.jpg
なでこなでこ。
P7100054.jpg
涼しい所に移動。
P7100057.jpg
どアップ。
P7100063.jpg
水を用意してあげたら、ごはんだと思ったらしく
起き上がってはみたものの、がっかりしてました。
ごめんね。
P7100065.jpg
あごの下の大きな模様がかわいい。
P7100069.jpg
また座っちゃいました。
P7100035.jpg
もう一人の霊園アイドル、監理員ねこのパンちゃん。
P7100036.jpg
涼しい所に行こうと誘ってくれています。
P7100043.jpg
木陰でごろん。
P7100045.jpg
もっと涼しい所を求めて。
P7100048.jpg
林の中へ。
P7100051.jpg
真ん中あたりに注目。
P7100052.jpg
いました。
P7280128.jpg
子ねこ。
P7280145.jpg
親子?
P7280146.jpg
ぺろ。
P7280124.jpg
たまに見るトラネコちゃん。
P7290156.jpg
ねこの親子。
P7290157.jpg
「なにみてんだお~。」
母ねこさん、自分の身体で子ねこたちを隠し
頑張ってこっちを威嚇していました。
P7290159.jpg
頑張って隠しているけれど
かわいい頭が少し見えちゃっています。
P7290161.jpg
子育ておつかれさま。
お母さんも子供たちもおりこうさんです。
みんな暑さに負けず頑張ってます。

P7020080.jpg

P7050001_2016072419544198a.jpg

P7030103.jpg

P7070015.jpg

P7020083.jpg

P7090003_201607241958294a5.jpg

P7090008.jpg

P7100004.jpg

P7100002_2016072419583852c.jpg

P7100007_20160724195840eff.jpg

P7100009_2016072420000748e.jpg

P7100016_20160724200013c84.jpg

P7100096.jpg

P7100075.jpg

P7100085.jpg

P7100099.jpg

P7120029.jpg

P7110005.jpg

P7110006_20160724200227242.jpg

P7120030_2016072420022714e.jpg

P7240039.jpg

P7130008_201607242007423c6.jpg

P7160028_20160724200747234.jpg

P7140078_20160724200747e81.jpg

P7150001.jpg

P7160038.jpg

P7160040.jpg

P7190123.jpg

P7160078.jpg

P7170102.jpg

P7160058.jpg

P7190151.jpg

P7190144.jpg

P7190153.jpg

[広告] VPS


P7190166.jpg

P7200001.jpg

P7200007.jpg

P7200003.jpg

P7010043.jpg

P7040005_20160724222231b49.jpg
佐藤さんとは母の親友で、ぼくの第2の母です。
P7050013.jpg

P7100034.jpg

P7070033.jpg

P7220153.jpg

P7160032.jpg

P7190124.jpg

P7190126.jpg

P7190127.jpg

P7190128.jpg

P7190130.jpg

P7190131.jpg

P7200034.jpg

P7200033.jpg

P7230011.jpg

P7250048.jpg

P7250042.jpg

P7250043_201607251341123c4.jpg

P7250046_20160725134141795.jpg

P7250044_20160725134145928.jpg

P7250047_20160725134146aa0.jpg

P7260066.jpg

P7270080.jpg

P7260061_20160727213134100.jpg

P7260063.jpg

P7270090.jpg

P7270086.jpg

P7270102.jpg

P7290165.jpg

P7300001_20160730215331ef8.jpg

P7300002_20160730215326590.jpg

P7300003_2016073021533572f.jpg

[広告] VPS


P7300006_2016073021533373b.jpg

P7300011_2016073021543108a.jpg

P7300010.jpg

P7300014.jpg

P7300013.jpg

P7300015.jpg

P7300017.jpg

P7300023.jpg

P7300020_20160730215540533.jpg

P7310040.jpg

P7220148.jpg
きのこだって頑張ってます。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

じょがいしょうじぞうにゃんこ と にっこうじぞうにゃんこの続きを読む
2016/08/01 00:00 | 別窓 | ネコボトケ | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑top
ねそべりミャオ
663.jpg
パステル画です。
ミャオちゃんの一日を連作で描くシリーズはお休みして
寝そべるミャオちゃんです。
前にも同じ構図で描いたことがあります。
友達の友達に贈らせてもらったのですが、すごくよろこんでもらえました。
モデルが良いからでしょうね。
P4010005.jpg P4040023.jpg 
たまには描いている手順を。
HBの鉛筆で下描きして、満足したらおもむろに
カネタで50円で買った消しゴムで9割がた消します(エーッ!)
仕上がった絵にはミャオちゃんの黒い模様以外の黒やグレーの要素を残したくないからです。
P4040063.jpg P4050107.jpg
本来、パステルは粉状にしたものを絵に使いますが
自分は面倒くさいのでクレヨンのようにごしごし塗っていきます。
色を重ねたりぼかしたりしながら影も付けたりします。
鼻の穴や目の周りなど、強調したい部分は色鉛筆で描いたりもします。
ここでいったん定着液スプレーで、この状態をキープします。
P3290031_20160623221955770.jpg
本物のねこを愛でて元気をもらって絵に活かします。
P4060139.jpg P4070153.jpg
形を整えたら、アンダーコート(下毛)に似せて
肌色の色鉛筆で毛並みを描き入れます。
このあと、白のパステルの角の尖った所でトップコート(上毛)の毛並みや
耳の中の毛、ひげ等を描き入れて、最後の定着液スプレーをかけて完成です。
myao003_20160623221131080.jpg
これは元になった写真です。
やっぱり本物のミャオちゃんの魅力にはかないませんね。

P6090052.jpg
おばあちゃんが退院し、ももこのお世話の心配もなくなったので
久々に実家に帰ってきました。
お夕飯は福島県人の憧れ、ステーキ宮へ。
P6090054.jpg
ごはん、みそ汁、きんぴらごぼう、漬物の和食セットを注文。
P6090055.jpg
母はデミグラスソースでハンバーグ。
鉄板が熱々で、いつまでも冷めずに食べられるのがうれしい。
P6090056.jpg
ぼくは「宮のたれ」でハンバーグ&宮ロースセット。
鉄板が熱過ぎてたれの水分が蒸発してしまうので注意が必要でした。
P6090057.jpg
いつも、外でたらふく食べたあと、山ほど母の手料理が出てきて
食べきれなくなるので、やわらかく辞退したらスイカを用意してくれていました。
さすがお母さん、ありがとう。
P6090058.jpg P6090059.jpg
そして、夜更けのサンドイッチ工場。
次の日、仕事の母と、友達の家に向かうぼくのお弁当用。
山盛りの食パンにハム、きゅうり、炒りたまご、レタス、チーズを
これでもか、これでもかと挟んでいく匠の仕事ぶり。なんということでしょう
P6090060.jpg P6090061.jpg
味の秘訣はマヨネーズとマーガリン。
今はマーガリンというと良くない印象を憶える方も多いですが
バターでなくマーガリンの味が、ぼくの子供の頃の懐かしい味。
何年か前に久し振りに母のサンドイッチを食べてから
コンビニのサンドイッチは買わなくなりました。
カットしたパンの耳は母が愛する野鳥たちのごはんになります。
P6100112.jpg
「じゃあ、たべるだわしゃ♪」
新幹線こまち号の中でランチ。
P6100114.jpg
少し残して友達におすそ分け。
「作り慣れた手際の良さを感じる、おいしい」とよろこんでくれました。
P6100115.jpg
齧ったところ。
おいしかったです。お母さん、ありがとう。
P6110191.jpg
「熊が出ました。○○○広報車です。気を付けてください。」
というアナウンスが流れる友達の家からお買い物ドライブに出発です。
これは駐車場で足に引っ付いて来たカミキリムシ。
草むらへ連れて行きました。
P6110194.jpg
かわいい看板。
P6110193.jpg
切ない看板。
P6110221.jpg
またかわいい看板。
P6110196.jpg
燃える男も、たまには色違い。
P6110203.jpg
国際ライセンス級のペーパードライバーのぼくを乗せ
いつも車を走らせてくれる友達はお酒が大好きです。
しかし、おいしいお寿司屋さん(もちろん回転)を見付けても
飲めずに少量食べて、また運転してもらうばかり。
ネットで持ち帰りもやっているとの書き込みがあったので
がっつり持ち帰って家で宴会を…と思って行ったら
基本持ち帰りはやっていないので、トレーを買って
席に着いて自分で詰めて下さいと。
P6110209.jpg
10分後には別のおいしいラーメン屋さんにいた面倒くさがりコンビ。
しなとら
ここはチェーン店の一店舗なのに
さっきのお寿司屋さんに負けないおいしさを提供してくれる名店。
家族連れ、アベック、お一人様、ご年配の方まで皆笑顔で帰って行く、ぼくたちのお気に入り。
P6110204.jpg
ぼくはピリ辛とんこつ醤油らーめん。
にんにくチップトッピングを忘れていたのに、何故かのっている。
会計の値段から見て、サービスしてくれたようでした。
しかもおいしい。
P6110205.jpg
友達は味噌らーめん。
写真撮り忘れたけど餃子も二人でつつきました。
P6110207.jpg
半チャーハン。
どのメニューもおいしかったです。
P6150358.jpg
プラモデルを作ったり。
P6140347.jpg
絵を描いたり(友達の方が絵は上手いです)
P6150369.jpg
二人で
P6130325.jpg
ごはんを
P6120257.jpg
作り
P6140333.jpg
合ったり。
P6190534.jpg
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。
また来るよ。
P6270030.jpg
これは母が作って送ってくれた焼き茄子です。
丁寧に網焼きして熱いうちに皮をむいてくれてあります。
自分では面倒なので、なかなか作らないのでありがたいです。
P6270027.jpg
それを送ってくれたタッパー。
6本分入って…あれ?これ、しょうがだ。
焼き茄子におろししょうがとかつお節は必需品だと
わざわざ一緒に送ってくれました。
お母さんありがとう。おいしかったです。

P6120003_20160625223504df7.jpg
ごはんの記事が長いので、今月のシマ子リバイバルはおやすみです。
「へばな。」

P6040046.jpg
ももちゃん劇場。
おばあちゃんが帰って来て、ももこのハッスルぶりもシフトアップです。
どんな風にシフトアップしているかは文字にするとキビシーので伏せます。
P6020009.jpg
おまんじゅうコレクション。
P6040051.jpg
おばあちゃんにちゅーちゅーをもらって、ごきげんももこ。
P6220010.jpg
この宇宙でおばあちゃんと、おばあちゃんのお友達さんと
ぼくだけにしか心を開かないももこ。
さあ、だっこしましょう。
P6220011.jpg
「やだー。」
まあ、こんなもんです。
P6300025.jpg
それでも懲りずに毎日だっこを続けています。
「じたいしまーす。」
この持ち上げた後ろ足で控えめに
ぼくのほっぺを押して退けようとします。
ももこは今日もおりこうさんでした。

P6090027_20160625230249183.jpg
気高く毛深い魂、略して「けだま」。
雨宿りのねこ。
P6090030.jpg
雨が上がったらいっぱい遊ぼうね。
P6210001.jpg
え!?
P6210002_20160625230248c71.jpg
そんなところにねこ。
P6210006.jpg
脱走したのはいいけれど家に入れなくなった模様。
P6210011.jpg
4つ足でしっかりホールド。
P6210012.jpg
本人いたって普通です。いつもこうなんでしょう。
早く気付いてもらえるといいね。
P6290003.jpg
別な日、見返り美人になっていました。
P6210016_20160625230359e43.jpg
ボンネットの上にねこ。
P6210017.jpg
チョビヒゲちゃんでした。
P6230014.jpg
別な日のチョビヒゲちゃん。
P6230016.jpg
ひとり遊びが好きなようです。
P6230017.jpg
セクシーなわんこ。
P6250020.jpg
寝そべるハチワレねこ。
P6250022.jpg
うしろから。
P6250023.jpg
ムムッ!?
P6250024.jpg
二人でした。
P6250027.jpg
この子たちはシンクロナイズドハチワレ日本代表チーム
なかよし。
P6260047.jpg
おじいさんとねこ。
P6260049.jpg
なかよし。
P6260054.jpg
霊園の木陰にねこ。
P6260055.jpg
霊園の監理員ねこ、パンちゃんでした。
P6260057.jpg
あ、これは獲物を追うハンターの目…。
P6260059.jpg
「ちぇ~、にげちゃった。」
よかった。
P6260063.jpg
おまんじゅうコレクション。
P6260061.jpg
お墓もパンちゃんにとってはだいじな接触冷感グッズ。
P6260064.jpg
「えへへへへへ~。」
P6260067.jpg
「このなついちばんの、ひんやりポイントをおしえてあげるよ!」
P6260068.jpg
「ほら、ひんやり♪」
P6260070.jpg
「おじちゃんもやってみなよ。」
いや、世間的に難しいよ。でも教えてくれてありがとう。
P6260071.jpg
「ても、あちー。」
P6260073.jpg
「ことしのなつもあついね。」
まだ梅雨だけどね。
P6260076.jpg
パンちゃんも大人になってきました。
P6260077.jpg
上手に日陰を選んで生活しています。
P6260079.jpg
「おとなねこの、たしなみだよ。」
P6260080.jpg
「あしだけあっためる、はんしんにっこうよく。」
P6260093.jpg
林の中で樹の皮を抱き込んで爪とぎ。
P6260089.jpg
考え中。
P6260099.jpg
毛づくろい。
P6260102.jpg
また来月来るよ。
けだまは今日もみな、おりこうさんです。

P6020002_20160625231627237.jpg

P6040023.jpg

P6030006_201606252316390dc.jpg

P6040012.jpg

P6040020_20160625231643203.jpg

P6080015.jpg

P6040042.jpg

P6040030.jpg

P6040034_20160625232013ef7.jpg

P6100072.jpg

P6100077.jpg

P6100086.jpg

P6100100.jpg

P6100084.jpg

P6100103.jpg

P6100136.jpg

P6100117.jpg

P6100145.jpg

P6100151.jpg

P6100153.jpg

P6100154.jpg

P6110182.jpg

P6110183.jpg

P6190516.jpg

P6120268.jpg

P6110185.jpg

P6120288.jpg

P6120312.jpg

P6130330.jpg

P6170413.jpg

P6170414.jpg

P6180490.jpg

P6190520.jpg

P6190543.jpg

P6190539.jpg

P6150354.jpg

P6200583.jpg
竿燈祭?
P6200585.jpg

P6200582.jpg

P6200591.jpg

P6200598.jpg

P6210028.jpg

P6240007.jpg

P6210035_20160625233204914.jpg

P6240001_201606252332095a1.jpg

P6240003.jpg

P6260044.jpg

P6260043.jpg

P6260052.jpg

P6260103.jpg

P6260109.jpg

P6260112.jpg

P6260118.jpg

P6260122.jpg

P6260129.jpg

P6270004_20160628184110fc0.jpg

P6280005_20160628184022aaf.jpg

P6290012.jpg

P6300002_2016063019272083d.jpg

P6300004_20160630192713e4d.jpg

P6300005_20160630192717288.jpg

P6270014_20160628184023fa6.jpg

P6240013.jpg
今年も、シマ子との想い出の花が咲いています。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

ねそべりミャオの続きを読む
2016/07/01 00:00 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑top
ほういんじぞうにゃんこ と じちじぞうにゃんこ
nekobotokerokujizou02.jpg
パステル画です。
ねこぼとけ。
こねこたちに宝印地蔵菩薩様、持地地蔵菩薩様になってもらいました。
何かと縁の多いサバトラの子とクロの子です。

P5010026.jpg
母作、おなじみの豚の角煮です。
丼物にしてみました(ご飯は見えている部分だけ、あとはキャベツ)。
おいしかったです。
P5090187.jpg
友達がわらびを採って送ってくれました。
あくぬきしてくれてあるので、すぐに食べられます。
ほのかな苦味ととろみ。
P5050022.jpg
こちらは更に手を掛けて、わらびたたき。
わらびを刻んで味噌と生姜をくわえて包丁でたたきます。
これも、ここまで料理して送ってくれています。
どちらもおいしかったです。ありがとう。
P5140036.jpg
軟骨入り鶏つくね棒です。
コンビニなどで売っているのを食べておいしいなとは思うのですが
人口の甘味料や調味料、添加物が気になるので自作しました。
鶏のひざ軟骨を小さく刻んで鶏ひき肉と混ぜて棒に挿して焼くだけ。
手間はかかるけどクリーンな食卓。
おいしかったです。
P5210065.jpg
チキン南蛮です。これも上記の理由から手作り。
母が作ってくれて唐揚げを使っています。
タルタルソースはピクルスの代わりに自家製ぬか漬けのきゅうりとにんじん入り。
唐揚げは見えている部分だけ、あとはキャベツ。
そういえばチキン南蛮はテレビで見ただけで初めて食べました。
おいしかったです。
P5220001.jpg
小川悦司先生の時代劇寿司漫画「すしいち!」に登場した
新潟名物の栃尾油揚げを使った特大いなりずしを作りました。
今回は試作なので漫画の中の様なおこわ酢飯ではなく普通の酢飯で。
P5220003.jpg
大きなお揚げも、今は近所のスーパーで売っていますね。
普段は焼いてお醤油をかけて食べたりしています。
P5220012.jpg
完成です。
お揚げが大きいだけで作り方はいっしょ。
P5220014_20160529150912f91.jpg
がぶっと勢い良く齧り付きましょう。
おいしかったです。

P5030008.jpg
シマ子リバイバル。
冷たい雨が降る5月のある日でした。
P5030009.jpg
人の脇の隙間に刺さるシマ子。
P5030010.jpg
ウニ…いや、シマ子の後頭部。
P5030011.jpg
膝の上で器用に寝返り。
P5030016.jpg
どアップ。
この日もシマ子はおりこうさんでした。

P5020029.jpg
ももちゃん劇場。
2月末におばあちゃんが入院して以来、独り暮らしで頑張っているももこ。

[広告] VPS


P5060027.jpg
「おじちゃん、そいねー!」
暗くなってから外に出ると危ないので、鍵をかけて過ごします。
最初は外に出られない不満を大きな声で鳴いて訴えますが
それでも戸を開けてもらえないとあきらめてベッドに飛び乗り
添い寝要求にシフトを変えてきます。かわいい。
P5060030.jpg
はい、なでなで。
P5060031.jpg
「うししししししし~♪」
P5060032.jpg
かわいい寝顔。
P5100022.jpg
気持ち良さそうな横顔。
P5070045.jpg
換毛期のブラッシングで出た毛を丸めて作った毛玉ボール。
ただ、ももこはこれを齧ってしまうので遊びには使えませんでした。

[広告] VPS


P5110008.jpg
「かじりたいのに!」
P5120031.jpg
あ、泥棒ねこ発見!
P5120032.jpg
ももこでした。
P5120033.jpg
こら!
「ちぇ~。」
ぼくのお夕飯、ホタルイカは無事でした。
P5120040.jpg
もう泥棒ねこにならないようにおやつをあげましょう。
うれしいのか、ずっと手を揉み揉みしていました。

[広告] VPS


P5130007.jpg
物陰に隠れるシーサー(気弱)。
P5150012.jpg
「ねむたい。」
P5150013.jpg
「ほんとねむたい。」
P5170055.jpg
「ねちゃうもんね。」
P5190047.jpg
すごくかわいい寝顔。
P5210045.jpg
おばあちゃんが退院してきました。
最初はすごくびっくりして不満声をあげ、なかなか落ち着かなかったです。
1:おばあちゃんが誰だか忘れた。
2:おばあちゃんはもう帰って来ないと思っていたからびっくり。
3:おいてけぼりにされて怒っていた。
の、いずれかでしょうか。
今はしっかり落ち着いています。

[広告] VPS


P5210047.jpg
が、落ち着きすぎたのか外出が多くなりました。
気を付けて遊んでおいでよ。
P5290006.jpg
「あっかんべ~だ。」
P5310082.jpg
ベッドに横になっているおばあちゃんから見える位置でごはん。
おばあちゃんもよろこんで見てくれています。
ももこは今日もおりこうさんでした。

P5030007.jpg
気高く毛深い魂、略してけだま。
塀の上にねこたち。
P5030008_20160529182958641.jpg
シンクロナイズドハチワレ。
P5080026_20160529183001f41.jpg
きれいな模様の背中。
P5080029.jpg
あ、見られているのに気付いた。
P5080030.jpg
リラックス。
P5080044_20160529183254483.jpg
増えた。
P5080047.jpg
座った。
P5080049.jpg
ねじ持ってた。
P5210005.jpg
トラネコちゃん登場。
P5210008.jpg
爪出てるよ。
P5210010.jpg
おまんじゅうコレクション。
P5240039.jpg
なかよし。
P5250019.jpg
子ねこ。
P5250021.jpg
モデルさんみたい。
P5310057.jpg
屋根の上にねこ。
上の白い子ねこと同じ家。
P5310062.jpg
どうやら2階の窓から脱走したらしい。
P5310063.jpg
気付いた。
P5310065.jpg
「おえはおとこのなかのおとこらから
 おまえさんとなんか、あしょばないんだじぇ。
 あばよ!」
P5310066.jpg
「あ、ひも!」
P5310067.jpg
「ひもーーーーっ!」
やっぱりまだ子供でした。
P5270003_20160529184301b01.jpg
傾く老犬さん。
多分、立ったまま寝ている。
P5170022.jpg
子供とバイクに反応するわんこ。
「コドモー!コドモコドモー!」
「バイク―!バイクバイク―!」 と吠えたり回転したり大忙し。
大人や車には反応しません。
しかし、何故か徒歩の自分にも反応します。 なんで?
P5020039.jpg
「ね~、ね~。」
P5020040.jpg
「な~、な~。」
P5020042.jpg
「ふんふ----ん!!」
P5080060.jpg
むくどりちゃん。
P5080062_201605291852543b0.jpg
「あらよっと!」
P5070039.jpg
セキレイちゃん。
P5070040.jpg
なんか咥えている、巣材かな?
P5080127_201605291854559b8.jpg
塀。
P5080128.jpg
排水穴。
P5080130.jpg
しじゅうから。
P5080133.jpg
入った!
P5080134_2016052918550572a.jpg
出て来た!
P5080144.jpg
おじゃまします。
P5080143_20160529185925052.jpg
なにかが。
P5080141_201605291859252aa.jpg
巣。
P5080138.jpg
雛たちが居ました。

[広告] VPS


P5120010.jpg
はとさん日光浴。
P5190009.jpg
ひよどりちゃん。

[広告] VPS


P5200009.jpg
シンクロナイズドとり。
P5200011.jpg
なかよし。
P5230003.jpg
つばめさん夫婦大忙し。
P5240007_201605291911249cb.jpg
別な場所では雛が生まれていました。
P5240010_20160529191124e4c.jpg
オバQ。
P5250006.jpg
しかし、雛の重みで巣が壊れてしまいました。
軒先を貸すお店で糞避けに傘を逆さに吊るしていたので落下は免れました。
P5250011.jpg
お店のご厚意で仮設巣箱。
P5250013.jpg
この状態でも親鳥はごはんを探して飛び回っていました。
P5250008.jpg
よく頑張ったね。
P5250016.jpg
ただし、次の日にはみんないなくなっていました。
P5250015.jpg
誰かのご厚意でお引越ししたのかもしれません。
P5250017.jpg
またね。
P5240029_201605291923258e8.jpg
からすの幼鳥。

[広告] VPS


P5210025.jpg
ちゃららららら~ん♪(オリーブの首飾り)
皆さんご注目!
なんの変哲もない雨戸の隙間から…。
P5210024.jpg
 はと むくどりが出ますよ!!
恐らくむくどりが巣を作らないようにテープで蓋をした隙間から
勢いよく飛び出す親鳥さん。
中からは雛たちの力強い鳴き声が響いてきました。

P5020030_20160529182441392.jpg

P5020033_201605291824447fe.jpg

P5030003.jpg

P5030001.jpg

P5050009.jpg

P5050001_20160529193315e01.jpg

P5050012.jpg

P5060002.jpg

P5060001.jpg
みかんの花です。
P5060007.jpg

P5060012.jpg

P5060017_2016052919345118f.jpg

P5070037.jpg

P5060016.jpg

P5080003.jpg

P5080013.jpg

P5080010.jpg

P5080005.jpg

P5080004.jpg

P5080082.jpg

P5080083.jpg

P5080084_20160529193854522.jpg

P5080086.jpg

P5080087.jpg

P5080109.jpg

P5080112_20160529194123d40.jpg

P5080099.jpg

P5080103.jpg

P5080106.jpg

[広告] VPS


P5120013.jpg

P5080114.jpg

P5100004_2016052919450150d.jpg

P5120008.jpg

P5140002.jpg

P5140004.jpg

P5140013.jpg

P5170030.jpg

P5140006.jpg

P5180009.jpg

P5180011.jpg

P5180021.jpg

P5180013.jpg

P5180015.jpg

P5200013.jpg

P5210015.jpg

P5210020.jpg

P5210017.jpg

P5210031.jpg

[広告] VPS


P5210036.jpg

P5220024_201605291953449d3.jpg

P5210042.jpg

P5240041.jpg

P5240005_20160529195355daf.jpg

P5250001.jpg

P5250023.jpg

P5260078.jpg

P5260079.jpg

P5260085.jpg

P5260087.jpg

P5260090.jpg

P5280019.jpg

P5290011.jpg

P5290010.jpg

P5290012_20160529195847dca.jpg

P5290019.jpg

P5290017.jpg

P5310072.jpg

P5310075.jpg

みんな頑張っています。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

ほういんじぞうにゃんこ と じちじぞうにゃんこの続きを読む
2016/06/01 00:00 | 別窓 | ネコボトケ | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑top
かおをあらうミャオ。
662.jpg
パステル画です。
ごはんのあとに手を舐めていたミャオちゃん。
そのまま顔洗いに突入です。

P4280009_201604282143580e4.jpg
母作、たけのこの煮物です。
たけのこのおいしいシーズンがやって来ました。ひゃっほー!
身欠きにしんのだしが効いていて、おいしかったです。
P4050106.jpg
母作、鯵と秋刀魚の南蛮漬けです。
野菜たっぷり。
おいしかったです。
P4130051.jpg
母作、豚肉の味噌漬けです。
ぼくは焼くだけ、食べるだけ。
ほぼ、お皿と同じ大きさ。
これもおいしかったです。

P4240084.jpg
シマ子リバイバル。
24歳の春のシマ子です。
P4240085.jpg
ぐりぐり。
「えへへへへへへ~。」
P4240086.jpg
ぐりぐりぐり。
「えへへへへへへ~。」
P4240087.jpg
ぐりぐりぐりぐり。
「えへへへへへへ~。」
P4240088.jpg
ぐりぐりぐりぐりぐり。
「えへへへへへへ~。」
この日もシマ子はおりこうさんでした。

P4040060.jpg
ももちゃん劇場。
夕方は危ないから外に出るのはやめようね
と言っても聞かないももちゃん。
[広告] VPS

[広告] VPS

P4060130.jpg
ごはんを食べるももちゃん。
P4220026.jpg
日中はフリスキーの毛玉ケアドライフードを
一定量置いておき、自由に食べてもらい
夕方、ぼくが帰ってから
カルカンのウェットフードを日替わりで一袋。
チキン系のものは粒が大きいので
良く揉みほぐしてからあげています。
[広告] VPS

P4060133.jpg
ストーブの前で温まって寝るももちゃん。
P4060135.jpg
「ねてないよ!」
P4100265.jpg
ごろん。
P4100266.jpg
あごの裏。
P4100267.jpg
ごろんごろん。
P4110292.jpg
ねこじゃらしで遊ぶももこ。
P4110297.jpg
ちゅーちゅーを食べるももこ。
P4150012.jpg
雨の日は自宅待機。
[広告] VPS

P4130045.jpg
夜もパトロール。
P4180005.jpg
洗って干したシーツが気になるももこ。
以前、部屋の中に干したら気になり過ぎて不安になるほどでした。
P4120029_20160424214723d27.jpg
べろん(ねこベロファンの皆様へのサービスショット)
P4220028.jpg
ベッド独り占めももちゃん。
[広告] VPS

P4200010.jpg
イカ耳ももこ。
P4190023.jpg
「おそとでた~~~~~~い。」
[広告] VPS

[広告] VPS

P4220029.jpg
おまたぱっか~ん。
P4290005.jpg
青空の下のももちゃん。
P4290006.jpg
いろんな匂いを嗅いだり。
P4290008.jpg
家に入ったり出たりを繰り返したり。
P4290009_20160429190023056.jpg
ごはんを食べたり。
P4290012.jpg
中から外を眺めたり。
P4290010.jpg
しっぽだけ部屋の中に残したり。
P4290014.jpg
テーブルの上に乗ったり。
こら、いけません。
P4290017.jpg
テレビの上に乗ったり。
P4290019.jpg
おばあちゃんのカートの上に乗ったり。
P4290022.jpg
「おしょとたのちい!」
P4290068.jpg
いっぱい遊んだあとは、よく寝ます。
P4110290.jpg
おばあちゃんが入院して2か月ほど部屋は無人です。
ぼくが仕事に出ている昼は戸を開けておかないと
ももこが出入りすることができません。
そうなると、招かれざる闖入者が現れます。
闖入者ナンバー003:若クロシロ。
P4110288.jpg
ぼくが帰って発見すると、完全イカ耳でおどおど。
ちなみにナンバー001はキイロ、002はクロシロ。
現在005まで確認中。
いずれも、ももこのごはんを横取りしてお皿を空にし
ベッドも横取りしてまったりしています。
誰も居ないと思い、住処にしようとするノラオスたちです。
P4110285.jpg
手は出しませんが低い声で脅してやると
パニックになって壁をよじ登ったりして暴れ、やっと出て行きました。
P4240020_20160424221629011.jpg
闖入者ナンバー004:シロボケキイロ。
足に傷があったり、濁ったよだれを垂らしているので
ももこに悪い病気が感染するかもしれないので要注意。
P4240017.jpg
発見された恐怖により失禁(現場は清掃、殺菌済み)
怖い思いしたくなければ、もう来ないでね。
P4240021.jpg
テーブルの下に入り込んでしまったので上からテーブルをバンバン!
慌てて逃げていきました。
普段なら保護することも考えなければならないのですが
家ねことして育ち、他ねこと渡り合うことのできないももこを
しっかりと守らなければならないので
ここは涙を飲んで、出て行ってもらうことに決めています。
みんな、別なところでしあわせになってね。
P4250061.jpg
闖入者ナンバー005:クビワクロシロ。
首輪をしています、明らかに家ねこです。
昼間、のそっと現れた際に追い払ったのに、夕方にも来るふてぶてしさ。
即刻お帰り頂きました。
が、次の日もまた覗きに来ていたり、雨の日に入り込んでいて
ももこの寝床ににおいを付けられるとかわいそうなので
わざわざ朝、畳んで高い所に置いておいた毛布の上で寝ていたり。
なかなか執念深い奴です。
P4250054.jpg
さて、闖入者たちに出て行ってもらったので
ももこに安心してもらうため添い寝タイムです。
仕事が休みの日に並んで毛布を掛けてお昼寝しました。
P4250056.jpg
いつのまにか、ももこだけ反対向きになってました。
P4250058.jpg
おてて、ばってんぎゅ~。
P4240025_20160424215007374.jpg
「うぇへへへへへ~。」
夕方の添い寝タイム。
最近は腕枕もします。
P4240027.jpg
ぼくも仕事帰りで疲れているので一時間以上いっしょに寝ることも。
母から電話が来て起き「どこにいるの?」「ももこと寝てた。」
なんてことも。
P4240029.jpg
いっしょに漫画も読んだり。
P4240034.jpg
いつもおばあちゃんといっしょに寝ていたので
短い時間でも添い寝すると安心するようで、よく寝てくれます。
おやすみ、ももちゃん。
今日もももこはおりこうさんでした。

P4040038.jpg
気高く毛深い魂、略して、けだま。
ベランダで熟睡する洋ねこちゃん。
P4040041.jpg
どっちが上でどっちが下?
騙し絵みたい。
P4060116.jpg
「いらっしゃいませ。」
P4140002.jpg
縁の下にねこ。
P4190014_20160424235031968.jpg
ぼたもち。
P4190015.jpg
いや、ぼたもちみたいなねこでした。
P4190017.jpg
他の子が来ても起きないし、他の子もスルー。
P4230003.jpg
ぼたもちの姉妹ねこ。
目の上に少し怪我のあと、おだいじに。
P4140027.jpg
車の下にねこ。
P4180018.jpg
柱の陰にねこ。
P4180021.jpg
かくれんぼ、見えてるけど
P4180023.jpg
お外に出るときは気を付けてね。
P4260014.jpg
ねこのお尻。
用足し中でした。
P4260009.jpg
おまんじゅうコレクション。
P4260003.jpg
この子のおまんじゅうでした。
この子は足に怪我をして、びっこひいてたり
耳の下に大怪我していたり受難の子でしたが
また元気な姿を見せてくれて、うれしく思います。
みんなおりこうさんでした。

P4020007.jpg

P4040027.jpg

P4040029.jpg

P4040033.jpg

P4040034.jpg

P4040043.jpg

P4040046.jpg

P4050065.jpg

P4050071.jpg

P4050074.jpg

P4050083.jpg

P4050085.jpg

P4050087.jpg

P4060109.jpg

P4060110.jpg

P4060119.jpg

P4060126.jpg

P4080154.jpg

P4090165.jpg

P4090169.jpg

P4090172.jpg

P4090188.jpg

P4100196.jpg

P4100199.jpg

P4100200.jpg

P4100202.jpg

P4100205.jpg

P4100209.jpg

P4100211.jpg

P4100213.jpg

P4100214.jpg

P4100219.jpg

P4100225.jpg

P4100227.jpg

P4100228.jpg

P4100230.jpg

P4100234.jpg

P4100236.jpg

P4100239.jpg

P4110275.jpg

P4110279.jpg

P4120001.jpg

P4140001.jpg

P4150001_201604250017435ca.jpg

P4150003.jpg
珍しい紅葉の花です。

P4160002_20160425001756bf2.jpg

P4160007.jpg

P4160011.jpg
桜の花で飾られた愛の巣。
P4160017.jpg
卵を温めています。
P4160026_201604250019407e0.jpg
旦那さんが帰って来てお食事中。
P4160030.jpg
その旦那さん。
P4160032.jpg

P4160033_20160425001940700.jpg

P4180001.jpg

P4180003.jpg

P4180009.jpg

P4180013.jpg

P4180015_20160425002112433.jpg

P4180016.jpg

P4180025.jpg

P4180028.jpg

P4190001_20160425002244079.jpg

P4190005.jpg

P4220012.jpg

P4220025.jpg

P4230002.jpg

P4250046.jpg

P4250045.jpg

P4250049.jpg

P4280005.jpg

P4290026.jpg

P4290028_20160429190444f41.jpg

P4300006_20160430184203b0c.jpg

P4300009.jpg

P4300010.jpg

P4300001.jpg

P4300004.jpg

P4300011.jpg

P4220017.jpg
今年もまた、ちょうちょさんに会えました。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

かおをあらうミャオ。の続きを読む
2016/05/01 00:00 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑top
だんだじぞうぼさつにゃんこ と ほうじゅじぞうぼさつにゃんこ
nekobotokerokujizou01.jpg
パステル画です。
子ねこたちに、檀陀(だんだ)地蔵菩薩と宝珠地蔵菩薩になってもらいました。
といっても、お地蔵様の前掛けを掛けただけですけどね。

P3080061.jpg
母作、メンチカツです。
うまい!
母のメンチがおいしいので、外で買ったりしないです。
P3070030.jpg
これも母が作った味噌漬けです。
きゅうりとナスとミョウガ、しその実を味噌で漬けたものです。
しょっぱいので少しづつ食べます。
P3100028.jpg
牛丼は外で食べないで、自分で作ります。
味付けは醤油とてんさい糖少々に生姜のすりおろしを入れて。
シンプルな方が牛の旨味が際立ちます。
P2290019.jpg
大きな海老をもらったので海老のチリソース煮を。
いたずらして豚バラ肉もいっしょに入れました。
P3270039.jpg
チューリップの唐揚げを作りました。
今はほとんどのお店で、この形にした鶏の手羽元を
扱わなくなってしまったので、若い人たちには
「チューリップ?お花の唐揚げ!?」なんて
思っちゃう人もいるのではないでしょうかね。
家から20分ぐらい歩いたスーパーに売ってました。
P3270042.jpg
子供の時からの大好物で
運動会や遠足のお弁当に母が作って入れてくれていました。
これは手づかみで食べるのが醍醐味ですよね。
どれもおいしかったです。

P3040010_20160327134859c03.jpg
シマ子リバイバル。
「おこしやす。」
今日は、妙にかしこまったシマ子さんからスタートです。
P3040011_201603271348561df.jpg
ばっちりきめていますが、耳に枯れ草が付いています。
「アクセサリーや。」
P3040013_2016032713485998d.jpg
「腹減ったなあ。」
そろそろごはんね。
P3040015.jpg
「よっしゃ。」
この時シマ子は24歳。
よく食べよく眠る、いつも元気なおりこうさんでした。

P3010008_20160327141718ddd.jpg
ももちゃん劇場。
おばあちゃんが入院しているので、相変わらず独り暮らしのももちゃん。
そんなももちゃんの強い味方、しまねこさんから頂いた、またたび入りキッカー。
P3010012_20160327141721df1.jpg
これで遊んでいると、気が紛れるみたいです。
[広告] VPS

P3090004.jpg
それと、これも強い味方。
ちゅーちゅー。
P3090006.jpg
おばあちゃんは、ちゃおちゅーるや姉妹品のちゃおボーノスープを
ちゅーちゅーと呼んでいます。
[広告] VPS

P3260016.jpg
もう袋から中身が出てこなくなっても、ももこは待っています。
袋を切り開いて中に残っているのを舐めるまでがワンセットだと考えているようです。
P3260019_20160327170402d65.jpg
「べろべろべろべろべろべろ~。」
[広告] VPS

P3090019.jpg
気を紛らすのには遊ぶのも有効です。
P3120043.jpg
ねこじゃらしを座布団の下に隠しながら遊ぶと楽しいようです。
P3140007.jpg
「ちゅかまえたのだ!」
[広告] VPS

[広告] VPS

P3110019_2016032714481875a.jpg
寒い日はストーブの前で暖を取りましょう。
P3110020_201603271448152fc.jpg
ご満悦。
P3110021_20160327144819957.jpg
思わず化けねこが出ちゃうぐらい、ごろんごろん寛いでます。
P3120051.jpg
いっぱい遊んだあとは眠たくなります。
P3120053.jpg
「ねむたい。」
[広告] VPS

P3130095.jpg
おトイレもしっかりします。
このトイレはシマ子のお下がりです。
P3130096.jpg
「なずぇみでるんですか!」
[広告] VPS

P3170017_201603271505249cd.jpg
かわいい顔をしてみたり。
P3170020.jpg
眠ってみたり。
P3110006_201603271728473d6.jpg
べろを出してみたり。
P3040062.jpg
アメリカンコミックを読んでみたり。
「あいあむ ゆあ ふぁーざー。」
P3180032.jpg
毛布を替えようと思って、仮にバスタオルを敷こうと思ったら
その下に入っちゃったけど、なんだかうれしくてぐるぐる言ってみたり。
P3180027.jpg
べろを出してみたり。
P3260023_20160327170412b2f.jpg
子ねこみたいな顔してみたり。
P3200044.jpg
うで枕でよろこんでみたり。
P3260026_20160327170410c7f.jpg
読書中のぼくの傍に来てぺったり引っ付き虫。
[広告] VPS

P3260031.jpg
こっち向きになって、なかよし。
[広告] VPS

P3290031.jpg
「うぇへへへへ~♪」
P3290032.jpg
「にゃ~!」
P3290033.jpg
「ぐり~。」
P3290036.jpg
「ももまくら~。」(ももちゃんへの太もも枕)
P3290038.jpg
「おもてはおそばや~。」(うらめしや→裏はめし屋)
P3260032.jpg
ももこも本当におりこうさんでした。

P3080010.jpg
塀の上にねこ。
P3080013.jpg
どアップ。
P3130015_201603271533455ae.jpg
草むらに何か落ちてる。
P3130016_201603271533523bc.jpg
ねこっぽいです。
P3130018_201603271533492b4.jpg
ねこでした。
P3130021.jpg
ライバル。
P3130025.jpg
霊園の受付嬢、クロシロちゃん。
P3130032.jpg
落ち着かないのか、すぐどこかへ行っちゃいました。
P3130033.jpg
で、けっきょくクロシロちゃんのあとをつけて行ったトラネコちゃん。
ケンカしないでなかよししてね。
P3130041.jpg
車の向こうに何か。
P3130042.jpg
ねこでした。
P3130047.jpg
「かいかいかい。」
P3130049.jpg
「どれ、いくか~。」
P3130054.jpg
「あばよ~。」
P3250005_201603271741105ed.jpg
縁側の下にねこ。
P3250006.jpg
8時間後にまた見たら、お尻を向けて寝ていました。

P3020014.jpg

P3020015.jpg

P3020001.jpg

P3020004.jpg

P3030005_201603271719406a6.jpg

P3030018.jpg

P3050002.jpg

P3080004.jpg

P3080014.jpg

P3080022.jpg

P3100008_201603271727019ad.jpg

P3090002.jpg

P3080020.jpg

P3100003.jpg

P3120003.jpg

P3120009_20160327172843365.jpg

P3120015.jpg

P3120014.jpg

P3120022.jpg

P3120026.jpg

P3130010.jpg

P3130034.jpg

P3130069.jpg

P3130076.jpg

P3130077.jpg

P3130078.jpg

P3150001_20160327173345a7d.jpg

P3130063.jpg

P3180014_201603271735266a6.jpg

P3180001_2016032717352534c.jpg

P3190001.jpg

P3160003_20160327173517861.jpg

P3170002.jpg

P3190008_20160327173704a01.jpg

P3190009.jpg

P3190011.jpg

P3200002.jpg

P3190015.jpg

P3200005.jpg

P3200009.jpg

P3200012.jpg

P3200007.jpg

P3200008.jpg

P3200016.jpg

P3200013.jpg

P3220001.jpg

P3220002.jpg

P3230083.jpg

P3290001.jpg

P3290003_20160329213704315.jpg

P3290017.jpg

P3290004_201603292136588e0.jpg

P3290006.jpg

P3290005.jpg

P3290009.jpg

P3260009.jpg

P3300002.jpg

P3310004_20160331210704c60.jpg

P3250001_20160327174112fb1.jpg

P3250002.jpg
青空に向かって頑張って咲いています。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

だんだじぞうぼさつにゃんこ と ほうじゅじぞうぼさつにゃんこの続きを読む
2016/04/01 00:00 | 別窓 | ネコボトケ | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑top
てをなめるミャオ
661.jpg
パステル画です。
ごはんが終わって、手を舐めています。

P2060023.jpg
久々に実家に帰った次の日の朝ごはん。
寝ている間に、どんどん並べられていくのがうれしい。
お母さん、ありがとう。
どれもおいしかったです。
P2060016.jpg
天ぷら工場。
P2050013.jpg
味噌漬け蔵。
P2050014_20160228182804c65.jpg
この中にお宝が。
P2050015_201602281828023ca.jpg
光り輝くお宝。
P2060024.jpg
本の虫の母親は、やっぱり本の虫でした。
前後2列に本がいっぱい。
P2060019.jpg
冷蔵庫に貼ってあるホワイトボード。
ぼくが書いた落書きを消さないので、少しずつ描き足している。
P2060027.jpg
母の会社の駐車場。
P2060026.jpg
手にしているのは小さく切ったパンを入れた袋。
P2060031.jpg
動物好きの男の母親は、やっぱり動物好きでした。
P2060034.jpg
「わ~い。」
P2130189.jpg
山菜チャーハンです。
市販の山菜の水煮を、よく水を切り(自分はその後、室温で放置し、若干乾燥させます)
チャーハンの具に使います。
子供の頃、よく母が作ってくれた大好物です。
これを食べてはよく、兄と競うように「おかあさんおいしー!」を連発していました。
その話を母にしたら、そんなの作ったっけ?と。
毎日、仕事もしながら色々な料理を作ってくれていたあの頃
何気なく作ってくれていた全ての料理を、ぼくは特別でおいしく感じていたんでしょうね。
自分で作ってみても、おいしかったです。

P2010012.jpg
シマ子リバイバル。
高齢なのに、よくごはんを食べて丸々としたねこのような何かが、硬いアスファルトの上に落ちています。
P2010013_20160228144059ede.jpg
「なんや。」
シマ子でした。
P2010014.jpg
「兄ちゃん…やんか…うむぅ…。」
まだ眠たいみたいです。
P2010015.jpg
24年間、ずっと外で暮らしてきたシマ子は
アスファルトの上でお昼寝するのが好きでした。
ちょっと硬いけど、あったかかったんでしょうね。
P2010016_201602281440568b1.jpg
ねこの爪は自由に出し入れでき、普段はしまっていますが
高齢になると、爪をしまうための靭帯が弱くなり
少しとび出した感じで生活することになります。
けがをしないよう、まめに切ってあげましょう。
P2010017.jpg
眠たいけど遊びたい子供みたいな顔がかわいい。
P2010018_201602281441391fa.jpg
「あと…10分だけ…。」
P2010019_20160228144142b4e.jpg
寝ちゃいました。
シマ子は、この日もおりこうさんでした。

P2010009.jpg
ももちゃん劇場。
「にゃあ~~~~~~あ。」
今月はももちゃんに最大のピンチが訪れました。
それはまたのちほど。
P2010010_2016022815062147b.jpg
「ねむたい。」
P2020022.jpg
階段の上にねこ。
P2020023.jpg
ももちゃんでした。
P2020025.jpg
「にゃああ~~~。」
P2230019.jpg
おばあちゃんからの置き手紙。
きれいな字で、83歳とは思えぬお達者。
自分で「ババァ」と書くお茶目な一面も。
P2210075.jpg
伸びるねこ。
P2210077.jpg
キャットショーで持ち上げられて審査されるねこの練習中?
P2210081.jpg
おばあちゃんにだっこされるももちゃん。
P2220004.jpg
ベッドでごろごろ。
P2220006.jpg
「よはまんぞくじゃ~~~。」
P2220007.jpg
薄目かわいい。
P2230023.jpg
そしてその日はやって来た。
股関節の手術でおばあちゃんが2週間入院し、独り暮らしになってしまったももちゃん。
おばあちゃんがいないことは分かっても、おばあちゃんが何故いないのか
いつ帰って来るのか分からない状態では、不安でしょうね。
すごく寂しそうな顔をしています。
そして、よく啼きます。
P2230027.jpg
寂しさを紛らわせてもらうため、おやつをあげました。
[広告] VPS


P2240024.jpg
ももちゃんは、おばあちゃんが特別お水を用意してあげていなかったので
子供の頃から、お風呂の洗い桶からしかお水を飲みません。
おばあちゃんはもう83歳ですから、そこまで手を掛けるのは難しいので
ぼくがおじゃました時にはお水を新しいのに換えてあげています。
で、新しいのをあげるとよろこんでガブガブ水を飲んでくれます。
[広告] VPS


P2240026.jpg
また別な日におやつを。
P2240029.jpg
爪が伸び過ぎていたので、おやつを中断し爪カット。
P2250020.jpg
さあ、今度は元気に遊びましょう。
P2250022_20160228151841925.jpg
「む、む、む、む!」
P2250023.jpg
「おりゃあ~!」
はずれ。
P2250031.jpg
ももちゃんの定位置に、おばあちゃんのセーターを置いてあげました。
P2250032.jpg
「ぐるぐるぐるぐる…。」
[広告] VPS


P2260002.jpg
ももちゃんは、おばあちゃんから人間のごはんをいっぱいもらっているので
マグロのお刺身が大好物です。本当は身体に良くないんですけどね。
少しだけ、ごちそうしました。
P2260004_2016022815272212b.jpg
「お!」
P2260005_201602281527212ab.jpg
「マグロ―!!」
[広告] VPS


P2260014_20160228153236cfa.jpg
「もうないよ。」
P2260016.jpg
おいしいものを食べて、少し落ち着いてくれました。
P2270005.jpg
次の日、毎日マグロでは身体に悪いのでウェットフードを用意しました。
P2270006.jpg
「これもおいしー。」
[広告] VPS


P2270008.jpg
おばあちゃんがいない冷え切った部屋で我慢してくれているので
ぼくがいる時間だけはストーブを強めに炊いています。
P2270009.jpg
「あったかい!」
P2270010.jpg
「むふふ~ん。」
P2270012.jpg
「なでてもいいよ!」
はい、どうも。
P2270013.jpg
「えへへへへへ~。」
P2270014.jpg
ブラッシングもしてあげました。
P2270017_201602281552558bc.jpg
「う~ん、きもちいのじゃ。」
P2270019.jpg
少しリラックスして、横になってくれました。
[広告] VPS


P2270021_20160228155301d70.jpg
「ああ~。」
P2270022.jpg
「あったか~い。」
P2280076.jpg
ぼくの膝にお尻を付けるももちゃん。
P2280077.jpg
生きている者通しのぬくもりってうれしいものですね。
P2270023.jpg
今日はぐっすり眠れそうだね。
P2290017.jpg
なかよし。
[広告] VPS


P2270025.jpg
ももちゃんは自分で戸を開けて外に出て、また戸を開けて部屋に入って来れます。
「ふふ~ん。」
P2270027.jpg
また定位置へ。
P2270028.jpg
早くおばあちゃん帰って来るといいね。
ももちゃん、おりこうさんでした。

P2020003.jpg
よそで、ねこがケンカしてました。
[広告] VPS


P2020005_201602281731457d6.jpg
「あんだお~。」
「おまえこそ、あんだお~。」
P2020007_201602281731318ab.jpg
「やるか~?」
「ちかい、ちかいちかい…。」
P2020012.jpg
ちょっと黒い方が優勢のようで、でもお互い手は出さないようでひと安心。
P2030001_20160228173739311.jpg
こちらは猛アピール中のオスネコくん。
P2030002.jpg
「なあ~、エンジンかけさせてくれよ~。」
P2030006_20160228173745bf1.jpg
「やなこった。」
P2030005_2016022817374568f.jpg
「ちぇ~。」
P2030007.jpg
このあと、諦めきれず追いかけていました。
P2030009.jpg
屋根の上にねこ。
P2030011.jpg
かわいい。
P2180017.jpg
ちょびひげ。
P2190003.jpg
黒い子の餌場に別な子が。
P2190004.jpg
「ぼくのごはんなのに~。」
P2190006_20160228174250103.jpg
「からだなめて、おちつこっと。」
P2190007.jpg
「んん~、でもきになる~。」
P2210001.jpg
こんなところにねこ。
P2210003.jpg
新聞読んでるのかね。
P2210004.jpg
「こうみえて、いそがしいんです。」
P2210005.jpg
ひと気のない日曜の工場にねこ。
P2210006.jpg
お日様あったかいね。
P2210010.jpg
霊園のアイドル、ぱんちゃん登場。
P2210011.jpg
ひとなつっこくておりこうさんです。
P2210012.jpg
ぼくを気に入ってくれているようです。
P2210014.jpg
少し歩きにくいです。でも、うれしい。
P2210016.jpg
「えへへへへへ~。」
P2210025.jpg
ウィンク。
P2210026.jpg
毛づくろい。
P2210028.jpg
「てれますにゃあ~。」
P2210030.jpg
途中であくび。
P2210031_2016022817572033d.jpg
招きねこ。
P2210032.jpg
別な子登場。
P2210033_20160228180223484.jpg
お互い気にするでもない様子。姉妹?
P2210034.jpg
作業場の方へ。
P2210035_20160228180219983.jpg
凄い狭い所へ消えていきました。
P2210040.jpg
新しい木が植えられていたので、そのチェックを。
P2210046.jpg
「いじょうなし!」
P2210047.jpg
「こっちも、いじょうなし!」
P2210049.jpg
「かんりにんさんは、いそがしいのです!」
おりこうさんね。また来月来るね。

P2030021.jpg

P2030023.jpg

P2030025.jpg

P2030029.jpg

P2040002_20160228181244868.jpg

P2040006.jpg

P2040007.jpg

P2040009.jpg

P2040011_2016022818125092f.jpg

P2180001_20160228181504150.jpg

P2180002.jpg

P2180005.jpg

P2150252.jpg

P2050003.jpg

P2180007.jpg

P2180010_20160228181734253.jpg

P2180012.jpg

P2190001.jpg

P2190010.jpg

P2190011.jpg

P2210053.jpg

P2210054.jpg

P2210061.jpg

P2210063.jpg

P2210064.jpg

P2230022.jpg

P2210068.jpg

P2210069.jpg

P2210071.jpg

P2240002_20160228182124118.jpg

P2240005.jpg

P2240006.jpg

P2240012_20160228182332318.jpg

P2240015.jpg

P2240017.jpg

P2250003.jpg

P2290002.jpg

P2290007.jpg

P2290006.jpg

P2290005.jpg

P2290008.jpg

P2290009.jpg

P2290010.jpg

P2290003.jpg
すずめ幼稚園の遠足、引率のむくどり先生がんばれ~。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

てをなめるミャオの続きを読む
2016/03/01 00:00 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(10) | トラックバック(0) | ↑top
じぞうぼさつにゃんこ
nekobotokejizou.jpg
パステルと色鉛筆で描いてあります。
地蔵菩薩様は大きな慈悲のお心で、苦悩する人々を救って下さる仏様です。
街角で見られる「おじぞうさん」像を子供として考え
子ねこをイメージして描いてみました。

P1010113.jpg
母作、煮物です。
お正月にふさわしく(このブログは一か月に起きたことを振り返る日記ブログです)色とりどりです。
おいしかったです。
P1010114.jpg
お雑煮は自分で作りました。
実はおつゆは年越しそばのおつゆです。昨日の今日ですしね。
自分で言うのもなんですが、おいしかったです。
P1010112.jpg
お重は無いけれどおせちです。
にしんの昆布巻きと黒豆煮は母が作ってくれたものです。
たまご焼きは遠くの友達が作って送ってくれました。
数の子豆は自分で塩抜きした塩数の子を
自分で取った昆布だしをベースにしたおつゆに浸けたものです。
おいしかったです。
P1020020.jpg
これも友達が作ってくれた、たらここんにゃく。
生のたらこをしらたきと一緒に煮てくれています。
おいしかったです。
P1030017.jpg
これも友達が焼いてくれた焼き海老です。
焼きすぎず、ちょうど良い火の通り加減で焼き上がった海老は
香り高く、外側がぷりっとして、中の身がとろけるような仕上がりです。
これもおいしかったです。
独り暮らしなのに手の込んだお正月料理を食べられることは、この上ないよろこびです。
お母さん、○○○さん、ありがとう。

P1010002 (2)
シマ子リバイバル。
シマ子さん、あけましておめでとうございます。
「むっちゃむっちゃむっちゃむっちゃ。」
角松などには目もくれず、元気にごはんを食べてくれていました。
P1010013_20160131005554b4d.jpg
シマ子ハウスの脇に、シマ子ファンクラブ会員で用意したミニ階段と椅子がありました。
P1010014_2016013100560216b.jpg
シマ子は、これを上手に昇ってシマ子ハウスの屋上テラスに上がっていました。
P1010015_20160131005604f3c.jpg
23歳の頃は階段だけでした。
体力の低下と共に椅子を用意しました。
P1010016_201601310056060ab.jpg
さあ、ここからが正念場です。
がんばれ、シマ子!
P1010017_20160131005628e3a.jpg
「おっしゃ!行ったる!」
肝心の部分が映っていませんが、華麗なるジャンプを決めました。
P1010018_20160131005639b44.jpg
よくできました。
頑張ったあとは屋上テラスで日向ぼっこです。
P1010019_20160131005641197.jpg
身体を舐め始めるところ。
シマちゃん、舌出すのちょっと早くなあい?
P1010024_2016013100563949c.jpg
「ええんや。備えあれば憂いなしって言うやろ。」
P1010026_201601310056386e8.jpg
今度は舌をしまい忘れてる。
P1010027.jpg
「まだ舐めるんや。」
P1010028.jpg
はい、よくできました。
25歳まで生きたねこ、シマ子は毛並みのお手入れを忘れない、きれい好きな子でした。
P1010032_2016013100571319e.jpg
「いつローマ法王が会いに来てもええように、おめかししとかんとな。」
シマ子は、この日もおりこうさんでした。

P1030009.jpg
ももちゃん劇場。
2016年も外で野性化するももこの姿から開幕です。
P1030010.jpg
どアップ。
P1030012.jpg
おまんじゅうコレクション。
P1090011.jpg
お昼寝するおばあちゃんの懐に潜り込むももちゃん。
P1180013_201601311242313a6.jpg
ばりっばりっばりっばり!
P1180016.jpg
「お!?」
P1200016.jpg
挟まるももちゃん。
P1200017.jpg
外でいっぱい遊んで疲れて眠たいので
挟まっていようとなんだろうと、どうでもいいももちゃん。
P1200018.jpg
「ねむたい。」
今日もももちゃんはおりこうさんでした。

P1010005.jpg
近所のマンチカンちゃん。
P1010007_2016013112523727a.jpg
実はマンチカンを直に見るのは初めて。
足短けっ、かわいい。
P1010008.jpg
すごくフレンドリーで遊んでくれました。
P1010012_20160131125241442.jpg
歩く姿もかわいい。
P1010016_20160131125236232.jpg
寒くても元気に遊ぶおりこうさんでした。
P1010019_201601311256580b7.jpg
霊園近くのねこちゃん。
P1010021_20160131125703bd4.jpg
少し緊張しているのか、固まっています。
P1010022.jpg
おまんじゅうコレクション。
P1010024_20160131125707e88.jpg
どアップ。
P1010025_20160131125709065.jpg
あったかい日が続くといいね。
P1010026_20160131125829dc2.jpg
どこかへ去って行きました。
またお会いしましょう。
P1010039.jpg
霊園のねこパンちゃん。
茂みの向こうにカラスがたくさんいるので偵察中。
P1010041.jpg
「む~~~~ん。」
P1010043_201601311302057b4.jpg
「ここのにおいがきになる。」
P1010044.jpg
ばりっばりっばりっばり!
P1010045.jpg
「おっりゃあ!」
P1010046.jpg
偵察遊びに余念がないパンちゃんでした。
P1010027_20160131130807722.jpg
霊園の受付。
P1010030_2016013113081694a.jpg
その受付嬢、クロシロちゃん。
P1010031_2016013113081794a.jpg
その後ろに…。
P1010033.jpg
「マイホームたてちゃいました。」
P1010036.jpg
ごはんを元気に食べています。
P1010037.jpg
「んめ~。」
P1010058.jpg
おまんじゅうコレクション。
P1010063.jpg
下に降りて遊びましょう。
P1010064.jpg
そこに忍び寄る影。
P1010065.jpg
さっきのねこちゃんでした。
P1010067.jpg
それに気付かず、ごろごろするクロシロちゃん。
P1010068.jpg
「きゃっきゃ。」
P1010072.jpg
「ん?」
P1010073.jpg
「あ。」「あ。」
P1010074.jpg
ちょっとした緊張状態。
P1010075.jpg
クロシロちゃんの方から身を引きました。
「かねもちケンカせず~。」
P1010076.jpg
歩くポーズのまま固まるねこちゃん。
P1010078.jpg
どアップ。
P1010079.jpg
おまんじゅうコレクション。
P1020011.jpg
あんなところにねこちゃん。
P1020012_20160131133537e2c.jpg
夕日を浴びて溶けたバターみたいになってます。
P1020014.jpg
気持ち良さそうでした。
P1030003.jpg
いつもの高齢ねこちゃん。
P1030004.jpg
夕日を浴びてお昼寝中。
P1030007.jpg
「ねむてっ。」
P1050014_2016013113431682c.jpg
別な日。
P1050016.jpg
明日はあったかくなるといいね。
P1140009_2016013113445959e.jpg
神社の茂みにねこちゃん。
P1140010_20160131134502ca7.jpg
どアップ。
P1140011.jpg
何をしているのでしょうか。
P1140013.jpg
実はそのそばで、別なねこちゃんが、また別な子に跨って
『エンジンをかけていました』。
P1140014.jpg
それを振り払う黒ねこちゃん「もうおしまい!」
それを追うキジトラちゃん「うおー!おれもエンジンかけたいー!」
それを追う茶虎ねこちゃん「おれもまだエンジンかけたいー!」
P1300001_20160131135049280.jpg
別な日の黒ねこちゃん。
はとさんたちとニアミス。
P1300006.jpg
「きょうはあめがふってるから、あそばないでかえるの。」
P1270039.jpg
何かを齧っているねこちゃん。
P1270040.jpg
こっちに気付いて逃げようとしていました。
「あんだお~~~~。」
P1270041.jpg
去って行きました。
外の子たちは、こんな季節でも元気です。
どうかみんな、怪我のないように生活できますように。

P1010049.jpg

P1010056.jpg

P1010086.jpg

P1010096.jpg

P1010106.jpg

P1020009.jpg

P1050001.jpg

P1050012_20160131135633a3a.jpg

P1050006_201601311356345a5.jpg

P1060007.jpg

P1080037.jpg

P1080042.jpg

P1080043.jpg

P1080044.jpg

P1090001.jpg

P1090003_20160131140022df6.jpg

P1130061.jpg

P1130062.jpg

P1140002.jpg

P1160033.jpg

P1140005.jpg

P1140007.jpg

P1190001.jpg

P1190005.jpg

P1190006.jpg

P1190010.jpg

P1190013_201601311403500b0.jpg

P1190016_20160131140352e2b.jpg

P1190018.jpg

P1190022.jpg

P1190024.jpg

P1190031_20160131140536e87.jpg

P1190029.jpg

P1190032_20160131140850973.jpg

P1190039.jpg

P1190040.jpg

P1200011.jpg

P1200012.jpg

P1200013.jpg

P1210028.jpg

P1210029.jpg

P1210047.jpg

P1220062.jpg

P1230020.jpg

P1250037.jpg

P1250040.jpg

P1250041.jpg

P1250042.jpg

P1250047.jpg

P1250048.jpg

P1250050.jpg

P1260009.jpg

P1260028.jpg

P1260031.jpg

P1260032.jpg

P1280001_201601311419599e1.jpg

P1280003.jpg

P1280004_20160131142003046.jpg

P1280008.jpg

P1280017.jpg

P1280018.jpg

P1280019.jpg

P1280020.jpg

P1280022.jpg

P1280024.jpg

P1300010.jpg
寒くても元気。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~


じぞうぼさつにゃんこの続きを読む
2016/02/01 00:00 | 別窓 | ネコボトケ | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑top
こねこみゃおちゃん
660.jpg
パステル画です。
子ねこの時に一時保護し、親もとへ帰したミャオとは
大人になってから、また家に来るまでに会えなかった空白の時期があります。
その間はどんな様子だったのか想像しながら描きました。

PC310092.jpg
あけましておめでとうございます。
いつも拙い絵を見ていただいてありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

PC2200240.jpg
母作、いかと大根と里芋の煮物です。
いかのわたと一緒に煮てあります。
冬になると恋しくなる料理です。
おいしかったです。
PC0100140.jpg
友達が鰰(はたはた)を醤油漬けにして送ってくれました。
しっかり焼いて、熱々のうちにいただきます。
おいしかったです。
PC270003.jpg
おうちで孤独のグルメ。
孤独のグルメ・シーズン5」第10話で主人公・井之頭五郎が食した
亀戸の名店、菜苑さんの純レバ丼を作りました。
ニラレバ炒めのように野菜といっしょに炒めるのではなく
純粋にレバーだけを炒めるので純レバ丼と言うそうです。
フライパンで熱したラードに生姜とにんにくのみじん切りを入れて香りを出し
ひと口大に切って、薄く片栗粉をまぶした鶏レバーを炒めます。
片栗粉がレバーがパサつくのを防いでくれます。
お店で売っている鶏レバーにはハツ部分が付いていますが、そこは使いません。
砂糖と醤油、粉唐辛子、こしょうで味付けしてごはんの上に盛り付けます。
たくさんのねぎの小口切りをのせて完成です。
アレンジでごまもふりかけてみました。
自分で言うのもなんですが、おいしかったです。
PC280011_20151228144555385.jpg
余った鶏のハツを使った中華風かきたまスープ稲庭うどんです。
鶏がらスープでハツを煮て、アクを取り除き
ねぎとニラを入れ、塩、醤油、オイスターソースで薄味に仕上げます。
隠し味はてんさい糖少量で、コクを出します。
卵を溶き入れて、出来上がったらラー油を少し垂らし
茹でた稲庭うどんと合わせて完成です。
おいしかったです。
PC290015.jpg
エビフライです。
この時期は年末年始向けで大きな海老が出回っているので
海老好きのぼくにはうれしい時期です。
PC290017.jpg
ソースをかけていただきます。
ソースとキャベツって懐かしい味がして子供に還れるような気がします。
PC290018.jpg
THE断面!
ぷりぷりなのにしっとりふっくらしていて、おいしかったです。
PC310101.jpg
大晦日には年越しそばを。
昆布で出汁を取り、いろんな具を放り込んだ田舎そばに
エビフライをあげちゃいました。
コロッケそばというメニューもあるくらいですから、ちゃんとマッチしてました。
おいしかったです。
PC310103.jpg
シマ子たちにも。
この器はシマ子が亡くなる前の日に使った、ごはんをすりつぶしたすり鉢です。
シマちゃん、チーちゃん、ミャオちゃん、おいしかったかい?

PC260001.jpg
シマ子リバイバル。
24歳の冬、元気にごはんを食べていました。
PC260002.jpg
「むっちゃむっちゃむっちゃむっちゃ。」
PC260006.jpg
お水もしっかり飲んでいました。
[広告] VPS

PC260010_201512271219409d5.jpg
「あ~、んまがった。ぺろ。」
PC260017.jpg
「どれ、寝るが。」
PC260027.jpg
なぜか、掃除中の腕まくりした腕を枕に。
PC260038.jpg
「がじがじがじ。」
シマ子、歯がないんだから噛んでも痛くなんかないよ~だ。
PC260028.jpg
それでも齧りながら寝るシマ子。
PC260026.jpg
たまに舐めてみたり。
PC260033.jpg
今度は本格的に眠っちゃいました。
おやすみ、シマ子。
この日もシマ子はおりこうさんでした。

PC050012.jpg
ももちゃん劇場。
暖冬と言われた12月も、ねこには厳しい寒さ。
ももちゃんはおばあちゃんのベッドを占領し、得意満面です。
PC050013.jpg
「だって、おしょとさぶいんだもん。」
PC090065.jpg
マージー寝!マージー寝!(水曜どうでしょうから)
PC090067.jpg
「ねむてっ。」
PC120024.jpg
別な日も寝る子は育つを実践してました。
PC120026.jpg
枕を器用に使っています。
PC120027.jpg
肉球サービス。
PC120028_201512271248562d3.jpg
あんもにゃいと。
PC120029.jpg
「ねむたいのじゃ~。」
ごろん。
PC120030.jpg
背中向けちゃいました。
PC140001_20151227125423d96.jpg
ベッドのあらゆる場所を堪能しています。
PC140002_201512271254284fd.jpg
真夜中2時ごろから起きて遊ぶため、夕方には眠たくなります。
この目つき。でもかわいい。
PC140003.jpg
「ふあ~~~~~あ!」
PC180042.jpg
ちゃんと起きている時もあります。
PC180045.jpg
おばあちゃんからお刺身をもらっています。
PC180046.jpg
「はっしゅはっしゅはっしゅはっしゅ。」
PC190003_2015122713072220c.jpg
おばあちゃんと一緒。
PC190005_2015122713072724f.jpg
ストーブの前が一番あったかいのを、ちゃんと知っています。
PC190006_20151227130728277.jpg
「ここがいちばんのホットスポットなのはわかってるのでしゅ。」
PC200036.jpg
で、また寝てます。
PC200037.jpg
「だって、ねむたいんだもん。」
PC200039.jpg
「このベッドはももちゃんのものなのだ!げへへへへ。」
PC200045.jpg
『本日のお布団の具:ももちゃん』とか定食屋さんの入り口に書いてありそう。
PC230003_20151227141046ddb.jpg
タンスの上にももちゃん。
PC230005.jpg
夜は大体おとなしいです。
PC230006.jpg
「ぶるぶるぶるぶるっ。」
PC230010_201512271410554e0.jpg
おかえり、ももちゃん。
[広告] VPS

PC240024.jpg
ももちゃんにクリスマスプレゼント。
PC240026.jpg
「やった~!」
PC250002_20151227141803d7c.jpg
ぼくが夕方帰って顔を出すと、はしゃいでいるのかそのまま外に出ちゃいます。
PC250005.jpg
でも、寒いからすぐ戻ってきます。
PC310095.jpg
大晦日は恒例の麻雀大会でおばあちゃんが年跨ぎでおでかけなので
ももちゃんは一人でお留守番していました。
PC310097_20151231194309951.jpg
やっぱりどこか寂しそう。
PC310035.jpg
自分から構ってくれと言うのはまれです。
PC310037.jpg
台所にはお魚の切り身と、それが入っていたと思われるパックが。
独りでお留守番させてしまっているんですもの、仕方ありません。
PC310038_20151231194311a8b.jpg
なだめてあげたら落ち着いたようで、ごはんを食べてくれました。
[広告] VPS

PC310043.jpg
いっしょうけんめい独りでお留守番してくれているので
ご褒美に、ももちゃんの大好きなCIAOボーノスープをあげました。
しまねこさんから教えていただいたのですが、CIAOボーノスープは
以前食べていたCIAOちゅ~るより低カロリーなので安心です。
PC310044.jpg
ぼくの膝に半分乗っちゃってます。
[広告] VPS

PC310046.jpg
袋の下から指で押し出して食べさせているのですが
その作業が、ももちゃんが食べるスピードに追い付かなくなると
袋ごとガブっと噛んで吸い出したりします。
PC310053.jpg
袋を切り開いてあげると、中に残った分まできれいに舐め取ります。
この、中まで舐める行為自体を含めて
おやつを食べる行為だと認識しているようで
これが終わるまで、ぼくから絶対離れません。
PC310106_20151231223211f4c.jpg
お夕飯も特別、ウェットタイプのごちそうごはんを。
PC310107.jpg
「うんめ~~~~~!」
[広告] VPS

PC310056_2015123120085484d.jpg
さあ、ねこじゃらしで遊んで鬱憤を晴らしましょう。
PC310060.jpg
「ふーん!!」
PC310069.jpg
「とりゃあっ!」
PC310077.jpg
何かの陰でがさごそ動かしてあげると、より興奮します。
PC310080.jpg
子ねこみたいな顔。
PC310081.jpg
真剣白刃取り失敗。
PC3100820.jpg
ちょんまげ。
PC310089.jpg
座布団の間から覗き見遊び。
ももちゃんは今日も、そして今年一年もおりこうさんでした。

PC100071.jpg
「いらっしゃいませ~。」
PC100072.jpg
「くるまのぶひん、なんでもありますよ~。」
PC100075.jpg
「なんにつかうか、わかんないけど~。」
PC100077.jpg
「いらしゃ…すー、すー…。」
いねむり店員。
PC110001.jpg
「『犬に…』ってかいてあるよね~。」
PC110002.jpg
「ぼく、いぬじゃないもん。」
PC110003.jpg
「いひひ♪」
PC220015.jpg
ベランダにねこ。
PC220016.jpg
「なんだお~。」
PC220017_20151227142857b0d.jpg
実際にはかわいい声で鳴いています。
PC220019.jpg
「のび~~~~~~。」
PC220020.jpg
「がお~!」
PC310001_2015123120233192b.jpg
植え込みの前にねこ。
PC310002.jpg
身体の小さなオンナノコ。
PC310003.jpg
「あに、みてんだお~。」
PC310004_20151231202344a00.jpg
ちょっと警戒しているのに逃げません。
少し撫でさせてもらいました。
PC310008.jpg
おまんじゅうコレクション。
PC310015_201512312025300e1.jpg
このあと、急に駆け出して植え込みの奥へ。
実は他のねことにらめっこしていて動けなかったのです。
で、その他の子を追って猛ダッシュ。
怪我しない程度に追っかけっこしてね。
12月は寒くて、馴染みの子たちには会えませんでした。
あったかいところで元気にしていることでしょう。

PC050004.jpg

[広告] VPS


PC080006.jpg

PC080032.jpg

PC080038.jpg

PC090049.jpg

PC090050.jpg

PC090052.jpg

PC090053.jpg

PC090054.jpg

PC090059.jpg

PC090060.jpg

PC090062.jpg

PC150001.jpg

PC150006.jpg

PC150007.jpg

PC150013.jpg

PC180017.jpg

PC180020_20151227144604147.jpg

[広告] VPS


PC180024.jpg

PC180025.jpg

PC200001_20151227145028624.jpg

PC180033.jpg

PC280007_2015122814460827b.jpg

PC280009.jpg

PC280005.jpg

PC240014.jpg

PC310024_20151231202424d97.jpg

PC310025.jpg

[広告] VPS


PC240022.jpg
寒中水泳して元気。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

こねこみゃおちゃんの続きを読む
2016/01/01 00:00 | 別窓 | ほっこり絵 | コメント(6) | トラックバック(0) | ↑top
ふどうみょうおうにゃんこ
nekobotokehudou.jpg
パステルと色鉛筆で描いてあります。
ずっと昔に仏様の姿を真似たねこたちの絵を描いていました。
名付けてネコボトケ。
久し振りに不動明王様の姿をしたシマ子を描いてみました。
不動明王様は、その恐ろしい姿で悪いものを諭してくれる仏様です。
亡くなったぼくの祖父のお寺の本尊様は不動明王様でした。
そんな縁のある不動明王様の格好を、ぼくの大好きなシマ子にさせてみました。
PB100323.jpg
で、友達に贈る時に描いた、お不動様生着替えシーン。

PA300058.jpg
うさ子旅。
「こおりやまに、いくだわしゃ♪」
PA290021_20151125232552196.jpg
久しぶりに実家に帰れたので母と二人の食卓です。
PA290022_20151125232559cb7.jpg
ぼくの大好物。昔ながらのグラタン。
こればっかりは作って荷物にして送ってもらうのは難しいので
あつあつのものを食べられるのはうれしかったです。
PA290023_20151125232605d14.jpg
ごまぼた餅。
我が家のぼた餅は中にあんこは入れません。
上京してお店で見た餡入りのぼた餅には腰を抜かしたものです。
PA290024_20151125232603801.jpg
きな粉ぼた餅も。
PA290025_20151125232558269.jpg
おでん。
我が家では練りもの数種類と結び昆布が味出しの主役。
こんにゃくと大根も。そして今回は卵入りの豪華版。
PA290026.jpg
何ってことも無いサラダ。
でも、それがうれしい。
自分ではあまり買わないドレッシングもうれしい。
全部おいしかったです。
お母さんありがとう。また今度帰るね。

PA040059 (2)
シマ子リバイバル。
11月12日はシマ子の命日でした。
亡くなって今年で、もう2年。三回忌でした。
この写真は亡くなる一か月前ぐらいの元気な姿です。
24年間、外で暮らして頑張っていたシマ子。
最後の4ヶ月だけ家ねことして
硬いアスファルトの上ではなく、柔らかい布団の上で暮らしました。
よく食べ、よく寝る元気な子でした。
PA040067 (2)
「よっしゃ!」
さあ、ごはんタイムの始まりです。
PA040068 (2)
まずは大好きなスープごはん。
PA040091 (2)
お水もしっかり飲みます。
PA040081 (2)
こっちも大好きなシニアごはん。
PA040099 (2)
あれ?動きが止まっちゃった?
PA040103 (2)
食べながら眠っちゃいました。
PA040108.jpg
「ん…寝てもうた。」
PA040113.jpg
そしてまた食べる。
PA040116.jpg
そして、また寝ちゃいました。
この日もシマ子はおりこうさんでした。

PB120004.jpg
ももちゃん劇場。
今日もおばあちゃんのベッドを占領してご満悦です。
PB120006_20151126230439ac2.jpg
枕も上手に使います。
PB120008.jpg
「なんでみてるの?」
ももちゃんがかわいいからだよ。
PB170036.jpg
ブログ等で仲良くしていただいている装衣ngさんから、ももちゃんの緊急避難時用にとハーネスをいただきました。
やんちゃとはいえ、ももこはおんなのこですから苺柄がうれしいです。
頑丈なつくりで着け外しも簡単です。そして驚くことに、これ装衣ngさんの手作りなんです。
PB170037.jpg
おしゃれ前掛けもいただきました。
これも簡単な動作で着け外しできます。
刺繍もかわいいです。
PB170038.jpg
これはももちゃん用ではないのですが、おまけでぼくにスマホケースも作ってくださいました。
PB170039.jpg
スマホを傷付けない内部設計が機能的です。
PB170040.jpg
後ろにもポケットが付いてます。
PB170056.jpg
では、早速ももこに装着です。
ご多分に漏れず、固まってしまってあまり動きません。
ただ、避難所などではそれで丁度良いのかもしれませんね。
PB170057_2015112623092325d.jpg
親バカというかおじちゃんバカですがかわいいのです。
PB170058.jpg
何故かベロ出し。
PB170051.jpg
前掛けも装着。
PB170053_2015112623092486f.jpg
もともとアメリカンショートヘアーのさくらの子なので
一気に愛らしく高級感が溢れ出していそうに見えますが中はいつものやんちゃ姫です。
おばあちゃんも大変気に入ってよろこんでくれました。
装衣ngさん、本当にありがとうございました。
PB170059.jpg
ハーネス装着練習で頑張ったももちゃんにご褒美おやつ。
PB170061.jpg
さあ、今度は運動です。
PB170062.jpg
「うりゃあ~~~!」
PB170063.jpg
「ほわちゃ~!!」
PB170064.jpg
「つかまえたっ!」
[広告] VPS


PB180005.jpg
次の日、見に行くと前掛けを着けたままのももちゃんが。
おばあちゃん、相当気に入ってくれたようです。
PB180003.jpg
「ペットのおうち」に登録して迷子札を作りました。
ペットのおうちのサイトURLと登録番号のみが書かれています。
他の個人情報は一切書かれていません。
保護してくれた方が、そのサイトにアクセスし簡単な操作をすることで
迷子になった子が保護されているという情報が通知されます。
PB180016_20151129220235cfb.jpg
こんな風に着けました。
願わくば、避難用ハーネスも迷子札も本格使用するようなことがありませんように。
そのためのお守りとして頑張ってもらいましょう。
PB190033.jpg
次の日のももちゃん。
PB190035.jpg
前掛けが完全に後ろに回っちゃってます。マントみたい。
PB200017.jpg
その次の日のももちゃん。
お外で遊ぶのに支障はないようです。
PB280033.jpg
ハンターももこ参上。
PB280036.jpg
「きょうもどこかでいいにおい~♪」←『今日もどこかでデビルマン』の節で。
PB280039.jpg
「おっばあちゃあ~ん、それほしい~!」
PB280041.jpg
「ひゃっは~!!」
PB280042.jpg
「うんめ~~~~~♪」
PB220096.jpg
おうちの中のももちゃん。
PB220097.jpg
座布団に座椅子、上手に使ってまるで人間みたい。
PB220099.jpg
「眠たい。」
PB240138.jpg
今度はおばあちゃんの足元で。
PB240140.jpg
今日もももこはおりこうさんでした。

PA300027.jpg
実家の空き地にねこ。
PA300028.jpg
実は朝早く家を出る母は見たことが無いのです。
PA300030.jpg
「ねむてっ。」
PA300033.jpg
こっちから手が届かない柵の向こうに入ってごろん。
PA300034.jpg
「いひひひひ、はがゆいであろう。」
PA300035.jpg
「さ~ら~ば~じゃ~。」
PB110001.jpg
神社さんの境内にねこ。
PB110002_201511292247165d8.jpg
スパイか忍者みたい。
PB110005.jpg
潜伏丸とでも名付けよう。
PB200001_20151129225106a58.jpg
塀に上るねこ。
PB200003_20151129225104f39.jpg
逞しいお尻。
PB200006.jpg
用を足すねこ。(画像加工済み)
PB200007.jpg
「あに、みてんだお~!」
PB280027.jpg
街角にねこ。
PB280028.jpg
背中に寝ぐせが付いてました。
PB210013.jpg
いつもの高齢ねこちゃん。
PB210015.jpg
ひなたぼっこ。
PB210016.jpg
「ねむてっ。」
PB210020.jpg
カクンッ。
PB210021.jpg
寝ちゃいました。
PB240114.jpg
別な日。
PB240116.jpg
「ん~、いいてんき。」
PB240117.jpg
「まあた、みてる。」
PB240132.jpg
「かい~~。」
PB240130.jpg
「ひまなんかい、あんちゃん。」
PB240133.jpg
また寝ちゃいました。
PB260008.jpg
車の下にねこ。
PB220003.jpg
お食事ねこ。
PB220004.jpg
霊園の受付ねこ、クロシロちゃんです。
PB220005.jpg
「あ、ちょっとおまちを~。」
PB220008.jpg
「いらっしゃいませ。」
PB220009_20151129230806486.jpg
おまんじゅうコレクション。
PB220011_20151129230810e51.jpg
珍しいお顔の模様。
PB220016.jpg
なでさせてくれます。
PB220018.jpg
休憩中だったんだもんね。
ごはんの続き、どうぞ。
PB220019.jpg
「うんめ~。」
PB220020.jpg
食べている時でも撫でさせてくれるくらい、慣れてくれました。
PB220021.jpg
麩菓子みたいなしっぽ。
PB220062.jpg
はい、受付嬢さん休憩終了。
PB220064.jpg
「いらっしゃいませ~。」
PB220065.jpg
「おなかいっぱい、ねむてっ。」
PB220066.jpg
「でも、がんばる。」
PB220067.jpg
いつもありがとうね。
PB220022.jpg
同じ霊園のねこ、パンちゃん。
人見知りの姉妹、ポンちゃんは今日も逃亡者と化してました。
PB220023.jpg
背中の肉つまみ。
PB220024.jpg
霊園のスタッフさんたちに可愛がられているので
クロシロちゃん共々、つやつやの毛並みです。
PB220029.jpg
「おじちゃん、なでて~。」
PB220032.jpg
「えへへへへ~。」
PB220041.jpg
発芽米。
PB220042.jpg
にょきっと伸びた芽。
PB220044.jpg
ごろん。
PB220045.jpg
「あ、ここなめわすれてた。」
PB220047.jpg
「ここも~。」
PB220051.jpg
こんなことしても嫌がらないくらいに慣れてくれました。
PB220055_2015112923405792e.jpg
「ここも~。」
PB220057.jpg
おまんじゅうコレクション。
PB220056.jpg
つやつや毛並みの秘訣は、これだったのね。
みんなおりこうさんでした。

PA270009_20151129235902e78.jpg

PA300032.jpg

PA300038.jpg

PA300037.jpg

PA300036.jpg

PA300039_201511300002204e1.jpg

PA300040_20151130000225562.jpg

PA300041_201511300002252d5.jpg

PA300043.jpg

PA300045.jpg

PA300046.jpg

PA300049.jpg

PA300051.jpg

PA300053_20151130000404cc9.jpg

PA300056.jpg

PB090310.jpg

PB110027.jpg

PB110032.jpg

PB130002_20151130000527b76.jpg

PB140014.jpg

PB170001.jpg

PB170016.jpg

PB170002.jpg

PB170020.jpg

PB170024.jpg

PB170027.jpg

PB170028.jpg

PB190027.jpg

PB200014.jpg

PB210001.jpg

[広告] VPS


PB210005_201511300018227e6.jpg

PB210009_20151130001815197.jpg

PB220071.jpg

PB220074.jpg

PB220076.jpg

PB220077.jpg

PB220078.jpg

PB220083.jpg

PB220086.jpg

[広告] VPS
[広告] VPS
[広告] VPS


PB240119.jpg

PB240128.jpg

PB240120.jpg

PB240125.jpg

PB240126.jpg

PB240129.jpg

PB220068.jpg

PB220069.jpg

PB170008.jpg

PB290002.jpg

PB260009.jpg
落ち葉の布団で冬支度。
ビバ自然!
次回の更新は絵が描けたときに予定しております。絵を描くブログなのです、本当は。
「まったね~♪さのやら~

ふどうみょうおうにゃんこの続きを読む
2015/12/01 00:00 | 別窓 | ネコボトケ | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑top
前ページ | るんたった! | 次ページ